シネマの前で待ち合わせ

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

めずらしく邦題が良い【映画感想】きみがくれた未来

深夜、なんとなくつけていたテレビで始まった映画。

字幕だったので観てみたら・・・。

f:id:fu2uki:20180501023946j:plain

原題: Charlie St. Cloud

 

【あらすじ】

ヨットの才能がある主人公のチャーリーは、奨学金で街を出てスタンフォード

大学に進もうとしていた。

そんな未来への扉を開こうとしていたときに、弟のサムを友達の家に送る

途中で事故にあってしまう。

サムはその事故で亡くなり、責任を感じたチャーリーは、大学も夢もヨットも

捨てて弟の墓のある墓地の管理人として日々を過ごしているが・・・。

 

【感想】★★★★★

久しぶりにヒューマンドラマを観て号泣しました。

兄弟愛が美しい。

少し歳の離れた弟をすごく大事にしているチャーリーがとても魅力的。

ただ眉毛がちょっと太すぎ。

映画の見過ぎで、展開が読めてしまったけど、それでもいい映画だった。

どろんこ遊びのシーンがすごく「男兄弟」って感じでよかった。

 

サリバンの話し方がちょっとクセがあっていい感じでした。

誰のお墓なんだろうと思っていたら・・・。

 

邦題の「きみがくれた未来」は、チャーリーの立場だったら「きみ」は

弟かテスですね。どっちでもいいタイトルです。

テスの立場からのタイトルとして、「きみ」=チャーリーとも読めるので、

これはとてもいい邦題ではないでしょうか?

 

この先は、ネタバレになってしまうので、未鑑賞の方はご注意ください。

読むときは、反転させて読んでください。

 

テスが幽霊なんじゃないかと疑って観ていたらその通りでした。

だって、「見つけて」って何回もウザいでしょ。

そんなキャラじゃないのに。

 

サムとテスの板挟みだけど、テスを選ぶ船上のシーン。

まだ彼女が生きてたら・・・と思うとそうせざるを得ないですよね。

 

同僚のアリステアの存在も光ります。

私は、彼のことが結構好きになりましたね。

テスを助けに行くときも、グッジョブだし、「今引き返せば、日没に間に合うぞ」

と言う言葉もいい。

チャーリーの良き理解者で、すごくいい奴。

 

サムが成仏するときもいいシーンでした。

振り返って言ったセリフ、「I love you,Charlie 」が泣ける。

そして、テスの居場所を教えるサム。

めちゃくちゃいい子です。

チャーリーがテスを助けた後で、森に行き、サムがもう見えないと知った上で、

「I miss you」という場面もよかった。

父親代わりだったチャーリーは、兄として、父としてサムを見ていたのでしょう。

 

ネタバレタイトルは「怖くないシックスセンス」ですね。

チャーリーの幻覚なのか、本当に霊が見えるのかが最後にわかる。

 

とてもオススメできる作品です。