シネマの前で待ち合わせ

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

コメディとシリアスの間で【映画感想】グッバイ・ゴダール

試写会にて鑑賞。

f:id:fu2uki:20180731172519j:plain

原題 Le Redoutable

 

【あらすじ】

19歳のアンヌは、ゴダールの映画「中国女」の主演を飾る。

天才監督ジャン=リュック・ゴダールと恋に落ちて、プロポーズをされた

アンヌは、パリのデモ活動と彼の人生に巻き込まれていく・・・。

 

 【感想】★★★★☆

ゴダールの映画は観たことがなく、名前だけを知っていた。

「女は女である」のDVDを借りたけれど、時間が足りず、

予習ができなかったのが残念。

 

原題の意味を調べてみると「恐ろしい、恐るべき」とのことなので、

「とんでもないやつ」って感じかな。

 

アンヌが綺麗でかわいくて、目が離せなかった。

どんな表情も素敵で、またボブに髪を切りたくなる。

似合わないんだからやめとけって。

 

前半はコメディの部分が多く、色彩も綺麗で面白かった。

1968年の5月革命のパリの様子もよくわかったし、

映画の後にお連れ様に色々教えてもらえて

とても勉強になった。

 

(パリの標語「たゆたえども沈まず」→「波に翻弄されても、沈まない」

ヨーロッパの中心にあるから多くの戦争に巻き込まれてきた。

その為にできた標語らしい)

 

街の壁にフランス語が書かれていて、同時にセリフも聞いて字幕も読んだから

頭の中が忙しくなった。

壁に書かれているフランス語の意味を後で調べたくなった。

ぜんぶ同時に理解できたらよかったのに。


ゴダールは、かなり付き合いにくそうな人として描かれていた。

天才だが、人に自分の考えを伝えるのが苦手な印象。

ホリエモンのよう。

 

ゴダールの身体もまるっと見られるが、こちらには興味なし。

コメディとシリアスのふり幅が大きく、最後は泣くのを我慢した。

全体的に女性目線の作品だったけど、ゴダールの気持ちもわかって

どちらにも感情移入できるいい映画だった。

(ただ、むだにエロい・・・)

 

この先は、ネタバレになってしまうので、

未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、

反転させて読んでください。

 

旅行から帰る車の雰囲気は最悪で、絶対にあの場にいたくないと思った。

 

「中国女」の記者会見の場面と、ゴダールの手に紙がくっついて離れない場面が

面白かった。

やっぱり「東京」って遠く離れたフランスでは、中国の一部なんだな。

むこうで、よく「ニイハオ」って声をかけられたことを思い出した。

 

最後にゴダールが自殺するのはずるいと思った。

死は暴力だ。

残されたアンヌはたまらないだろう。

助かってよかった。

 

ゴダールについて少し知ることができてよかった。

作品も見てみたいけど、理解できるかどうか・・・。

古いし、なかなか難しそうだけど、チャレンジしてみたい。