シネマの前で待ち合わせ

元TSUTAYAスタッフが映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

君の瞳に乾杯☆【映画感想 カサブランカ】

DVDにて。

f:id:fu2uki:20201106160917j:plain

原題:Casablanca

 

【あらすじ】

第二次世界大戦に振り回される男女のラブストーリー。舞台はフランス領カサブランカ。しかし、親ドイツヴィシー政権下にある。主人公は「カフェ・アメリカン」を営むリック。そこにパリが陥落する前に理由を告げずに去った元恋人、イルザが現れる・・・。

 

【感想】★★★★★★

最近知り合った方が好きな映画だと言うので、鑑賞。名前は知っていたが、やっぱり名作。「君の瞳に乾杯」は、この映画だったか!「罪の声」にカサブランカのポスター(チラシだったかも?)が一瞬出てきたので、つながりを感じました。

 

イングリッド・バーグマンがとても綺麗。何?このまったく会いに行けない感じ。もう同じ空気を吸うことですら罪のような美しさ。もうやめてってくらい綺麗。白黒って言うのもいいですよね。今みたいに肌の荒れとかよくわからないし、「昔はよかった」的な映画です。

 

戦争に翻弄される三人。最後の結末は読めないし、どうするんだろうっていろいろ考えながら鑑賞。いい結末でした。ライフ・イズ・ビューティフルもそうだけど、戦争がからんだラブ・ストーリーは名作が多いな。あれは、どちらかと言うと戦争批判映画かな?

 

この先は、ネタバレになってしまうので、未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、反転させて読んでください。

 

「カフェ・アメリカン」でフランス国家を演奏するシーンでは鳥肌が立ちました。第二次世界大戦の背景を頭に入れておかないといけないので、歴史が苦手な私にはなかなか難しかったですが、本当に見てよかった。切なすぎる。そして、リックは本当に人情家で・・・。

そして、ラスト。なんなのその男前すぎる決断?私なら無理。絶対にイルザをさらってしまう。「リック、あなたは大丈夫?」とハラハラしましたが、ルノーのはからいでセーフ。ホッとしました。