シネマの前で待ち合わせ

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

コーヒーに入れちゃダメ! なクリープ【映画感想】CREEP

他のブログから転載。(2016年04月30日)

転載時に★2つから3つに変更。

f:id:fu2uki:20180525163636j:plain 

f:id:fu2uki:20180525163647j:plain

風邪が完治しないので、また映画を観ました。

NETFLIXと言う、動画配信で。

最近、お気に入りの映画ブログがあって、そこで紹介されていたので

観てみることにしました。


【あらすじ】★★★☆☆

「オッス、おら変態!今日も気持ち悪いことしちゃうぞ!」って感じで、

映像作家を雇い、ヤンヤンする話。

見た目は普通のおじさんが、悪ふざけをしていく。そして・・・


【感想】

「低予算過ぎる・・・」って言うのが、最初の感想。

登場人物2人だよ。

100万あったら、作れちゃうんじゃない?

POVだし。

POVの理由は、すごくはっきりしていてよいと思うし、

リアル感が上手く出せてる。

それから、観ているこっちまで変態じゃないかって

思ってしまうくらい、このおっさん、気持ち悪い。

タイトルに偽りなしです。


そして、先が読めないのがいい。

大作はどうしても先が読みやすいけど、これは、予測不能

だって、話を動かす人が変態さんだもの。

読めたら、お仲間になっちゃう。

でも、この変態っぷりが途中まではギリギリのラインで上手い。


最後まで見ると、現実味がないので、ちょっとほっとします。

こんなのすぐにFBI の標的です。

「クリミナル・マインド」と言う、犯罪心理学を駆使して

犯人を捕まえるFBIのグループが題材の海外ドラマが

あるのですが、そのグループのリーダーの名前がアーロン。

そして、この映画の主人公もアーロン。

偶然じゃなさそう。


しかし、このアーロンが優しすぎるというか、

警戒心がなさすぎるというか・・・。

他のタイトルを付けるとしたら、「志村~、うしろ、うしろ~!」です。

「早くFBI のみんな来て~!」ってなる。

絶対にオススメはしませんが、(むしろ、観ない方がいいって言える)

伏線や、その回収、先の見えない緊迫感などで楽しめました。

これは、忘れられない映画になりそう。

 

*画像は、上がコーヒーに入れちゃダメなクリープ。

 下が入れていいクリープ。