シネマの前で待ち合わせ

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

思ったより静か【映画感想】ベルリン・シンドローム

DVDで鑑賞。

f:id:fu2uki:20181218020223j:plain

【あらすじ】

不動産会社に勤め、建物の写真を撮る仕事をしていたクレアは、思い立って

オーストラリアからベルリンに来ていた。

買い物したり、街の写真を撮ったりしながら、一人できままに過ごしつつ、ちょっとさみしげに歩いているところを一人の男性に声をかけられる。

「僕はアンディ。スポーツ学校で英語を教えてるんだ」

まんまとナンパされて、一緒に過ごしますが、その日は何事もなくドミトリーに送ってもらった。

次の日にはドレスデンに発つ予定だったが、なぜかベルリンにとどまってしまう。

アンディと再会したクレアは、その晩、彼の部屋に泊まるが、次の日、彼が出て行った

後に外に出ようとすると出られない・・・。

帰った彼に尋ねると「鍵を置いたと思った」と言われ、その日も泊まってしまうが、

次の日も彼の部屋から出られないことがわかる・・・。

 

【感想】★★★☆☆

もっとハラハラドキドキするような駆け引きが続くのかと思っていたら、わりと静か。

ハラハラはしますが、頻度は低いです。

アンディの目的はいまいちわからないのですが、途中、その原因となったような出来事が語られるので、その反動(?)なのかなぁと思ったりしました。

そして、思ったよりエロいです。

出るとこ出てるし。

 

テリーサ・パーマーの演技が地味にすごいですね。

期待、とまどい、絶望、恐怖などさまざまな表情が求められる役ですが、すべてみごとに演じ切っていました。

アンディは・・・。もともと表情が変わらないので、そこが怖いと言ったら怖いのですが、もっと豹変するのかと思っていたので、ちょっと期待外れでした。

 

あんな穏やかでいい人そうな感じの、しかもイケメンに監禁されてしまうなんて思わないですよね。

でも、実際の事件ってそんなもんだろうと思うし、何よりありえなくない話なので

そこがリアルで怖かったです。

大学生のときに、海外研修に行く前に、先生に「車には乗るな。密室だし、どこかに連れて行かれたら帰れないぞ」とおどされたことを思いました。

でも、本当にその通りだなと。

やっぱり旅先で初対面の人と二人きりで密室っていうのは避けないと。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、

未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、

反転させて読んでください。

 

アンディの母親が二人を捨てて出て行ったことが、父親との会話でわかりますが、

それが監禁の心理的な要因だったのではないでしょうか。

女性は出て行ってしまうものといった歪んだ概念が幼いころのアンディに刻まれてしまったように思います。

そして、アンディは女性を好きになると出て行かないように監禁してしまう・・・。

そんなこと言ったら離婚して父子家庭の子供はみんなアンディみたいになってしまいますが。

きっと、何か決定的なことがあったのでしょう。

それがもう少しわかりやすく描かれていたら良かったと思います。

原因や理由が不明だとアンディがただの変態教師です。

その可能性も高いのですが。

 

父親の死は不意打ちでした。

帰ってきたアンディを慰めるクレアはまさにストックホルム・シンドロームって感じですね。

犯人に感情移入してしまう。

それでも逃げるのをあきらめない感じはよかったです。

ラストは結局彼のもとに戻ってしまうバッドエンドかと一瞬思いました。

 

アンディがピンクの下着を買ってくるところはなんか違いましたね。

アンディ自身もそう思ってたようですが。

 

ラストの方もいまいち何がどうなってるのかわかりにくく・・・。

アンディの部屋、ドアが多くて間取りが複雑です。

フランカも、一人でアンディの部屋にのりこまずに警察に通報すればいいのに。

写真を落としちゃったから信じてもらえないと思ったのかな。

とにかく戦慄のラストではなかったです。

 

途中まで「わたしならどうやって逃げるか」を考えながら見ていました。

とりあえず、ドアが木製のようなので、奥に火が来ないようにしてドアを燃やすかな。

ガス、クレアが一人の時もついたよね?

静かな感動【映画感想】メッセージ

DVDでやっと鑑賞。

f:id:fu2uki:20181213015915j:plain

原題:ARRIVAL

 

【あらすじ】

突然、世界各地12か所に謎の飛行物体が現れ、有能な言語学者のルイーズはその中にいる2体の地球外生命体とコミュニケーションをとるために、アメリカ軍大佐のウェバーに召集される。同じように連れて来られた物理学者のイアンとともに彼らの言語を解読していき、最終的に彼らが地球に飛来した目的を尋ねようとしていた。

地球外生命体をヘプタポッド(7本の足)と名付け、コミュニケーションを重ねていくが、ルイーズは同時に病で死ぬ娘のフラッシュバックを見るようになる。

 

【感想】★★★★☆

ばかうけとのコラボポスターとは対照的におもっきしシリアスな内容でした。

でも、あのポスターみたいな企画は大好きです。

後半で、静かに感動しました。

ほとんどが彼らとのコミュニケーションと言語解読で進んで行き、エイリアンが出てくるのにほとんど戦わず、ドンパチもしない、とても新しいSFだと思います。

感動も今までないようなものでした。

それをわかっていて鑑賞しないと期待外れかもしれません。

 

始まり方やラストシーンなどから考えるとどちらかというと、ルイーズの話が核なんだと感じました。

インテリな学者として描かれていますが、最後の選択はとてもエモーショナルです。

 

イアンは、2体のヘプタポッドをアボットコステロと名付けますが、そのフォルムもなかなかいいですよね。彼らの墨を吐いて書かれる言語も、彼らには時の流れがないという設定もいいです。

本当に宇宙人がいたら、私たちの常識とはかけ離れているだろうし、想像もつかない生命体だと思うんですよね。

彼らが来た目的が、最後の方までわからないのでミステリとしても楽しめました。

 

展開も読めないので、面白かったですね。

 

そして、飛行物体は、横倒しになるとあまりばかうけっぽくないことがわかりました。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、

未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、

反転させて読んでください。

 

ひとつ曖昧でわかりにくかったのですが、アボットは、軍の一部の将校が仕掛けた爆弾によって死の淵に行ってしまったのでしょうか。ルイーズが、その後謝っていたのでそうだと思うのですが。

自分を犠牲にしてまでルイーズとイアンを助けたアボット、なんていい奴。

それなのに人間たちはなんて好戦的なのでしょう。

実際、こんな事態になったらどこの国が一番に攻撃してしまうのか、ちょっと気になりました。

 

ルイーズの娘のフラッシュバックは、本当は未来の記憶であるフラッシュフォワードだとわかるんですが、私はかなり後半でそれを理解しました。

Wikipediaのあらすじなんかを読むと、ルイーズが娘を持ったことがないことが書かれていて、その記憶が未来のものであると初めからわかるような書き方なんですが、わかりやすい描写ってありましたっけ?

明らかに過去の記憶のようにミスリードさせてひっぱってると思ったのですが。

それに、娘とのシーンのルイーズの方が若く見えるのはちょっとずるいなって思いました。

でも、ハンナがイアンとの子供だということは、ハンナが言葉を聞きにルイーズのもとに来たときに「数学のことならパパに聞いて」というルイーズのセリフでなんとなくわかりました。

 

ラストでルイーズはイアンとの未来を選びますが、きっと幸せな感情もフラッシュバックの中にあったんでしょうね。

 

とにかく新しくて静かな作品でした。

イメージ通りのギア様【映画感想】真実の行方

イメージ通りのギア様が見たくなり、オータム・イン・ニューヨークをレンタル

しようとしたが、レンタル中で手に入らなかったため代替品。

知り合いのTSUTAYAスタッフの方にオススメされて以来、ずっと気になっていたので即決。

f:id:fu2uki:20181026002035j:plain

原題:primal fear(最初の恐怖)

右側英文訳:

遅かれ早かれ、二つの仮面をかぶる者はどちらが本当の顔か忘れてしまう

 

【あらすじ】

敏腕弁護士のマーティンは、雑誌の表紙になるほどの名声を得ていた。

そんな折、シカゴの大司教の殺害事件で容疑者となった少年、アーロンが大司教の家から血まみれで逃走し、逮捕される。

その様子をテレビで見たマーティンは、話題性の高い事件だと思い、すぐさま無償でアーロンの弁護を買って出る。

アーロンの供述は、「本を返しに行ったら、大司教はおらず、寝室から物音がしたのでそちらに行ってみると、血まみれで倒れる大司教の上に男が覆いかぶさっていて、それを見た後、気絶したためしばらく記憶がなく、気がついたら血まみれでパトカーのサイレンが聞こえて来たから、怖くて逃げだした・・・」というもの。

無罪を主張する19歳の少年を助けるために、マーティンがあれこれヤンヤンする話。

 

【感想】★★★★☆

知的でスマートで色気あふれるギア様にノックアウト。

これまで、「Shall we dance?」しか見たことなかったけど、すっかりやられてしまいました。

「嘘はフィクサーのはじまり」とは違い、インテリジェンスな雰囲気で自信たっぷりに話すギア様は、本当に別人のよう。

 

そして、エドワード・ノートンが若い。

彼がアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた作品だけど、賞をとるのに十分すぎるほどの演技。

ギルバート・グレイプ」のレオナルド・ディカプリオを思い出し、やはり実力のある俳優さんは、若いころから演技のレベルが高いなぁと感心。

(と思ったら、この作品内では19歳だけど実年齢は27歳なのね。

それはそれですごい)

 

ヒロイン役(?)のローラ・リニーが吉田羊に似ていて、しかも検事役だし、木村拓哉主演のHEROをキャスティングした人は、この映画を観てるんじゃないかと思いました。

彼女たちは美人でキリッとしていて、強気なインテリ検事の役がよく似合いますね。

ローラの細い指も細いタバコによく似合っていました。 

f:id:fu2uki:20181026023100j:plain

ローラ・リニー

 

ストーリーは、法廷物で大司教殺しの裁判を中心に進んで行きますが、州検事ショーネシーの投資するマンション開発工事の件もはさまれて、なかなか複雑でミスリードもあり、どう転ぶのかが読めなくてよかったです。

正しくは、大体の筋は読めるけれど、結末がどうなるのかがわからなかった。

パッケージの裏のあらすじも読まずに見始めたのがよかったんだと思う。

予備知識なしで見るのがオススメです。

話の流れが小説っぽいと思ったけど、やはり同名小説の原作があるよう。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、

未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、

反転させて読んでください。

 

結末は、「ええええ!そうなっちゃいます?」ってなりましたね。

本当に二重人格なのか、ただの演技なのかハッキリしないのですが、私は二重人格だと思いたいです。

というより、多重人格なのではないでしょうか。

ロイとアーロンともう一人。

最後の顔はどちらの存在も知っていて、記憶も二人と共有する第三の人格。

うーん、ちょっと苦しいですね。

凶暴な性格と表情はロイそのものだし、ジャケットの英文にもはっきり「二つの顔」と書いてありますし。

最後の失言は、マーティンをも騙し切るロイらしくないですね。

わざと言った可能性の方が高いと思いました。

 

“B32‐156 ”と胸に刻まれていて、それが本の整理番号だったり、ギャングが水死体で発見されるなどドラマティックなシーンやマーティンと元刑事の相棒が二人でアレックスを追いかけるアクション的なシーンもわずかにあったりして面白かった、

トレンチコートの2人組がアレックスを追いかけるシーンはあぶ刑事のようで、今にもガードレールが出てきて飛び越えてくれるんじゃないかと期待してしまいました。

 

ジャネットを口説くギア様はさすがといった感じ。

ジェントルマンで、嫌がれば無理強いしません。

元師弟関係という二人の関係もいいですよね。

「法廷ではタイミングを外さないのに法定外ではヘタね」とジャネットに言われてしまいますが、それも作戦のうち?

ふたりがどうなったのか、とても気になります。

真実を知ったマーティンが約束したバーで荒れて、酔いつぶれ、それを迷った末にバーに来たジャネットが家に連れて帰り、介抱する姿を妄想してしまった。

あらすじを読むと元恋人となってるけど、以前ワンナイトで関係しただけで、その後本気になったマーティンが彼女を口説いてるんだと思いながら見ていました。

 

アーロンが二重人格だとわかり、バーで記者に愚痴りながら「罪が証明されるまで人は無実。僕は基本的に人は善だと信じている。

犯罪は悪人が犯すものとはかぎらない。

よい人間がとんでもない犯罪を犯すことがある・・・」と話すマーティンはかっこよすぎでしょ。

その後、「活字にしたら訴える」と言いおいて、ウィンクして立ち去るシーンなんてもう鼻血出るかと思いました。

f:id:fu2uki:20181026021542j:plain

ギア様、お酒がよく似合います。

若きハンニバルマッツ・ミケルセンはワインが似合いますが

ギア様はウィスキーが似合いますね。

 

原題のprimal fear とは、本当に悪い奴を弁護して、収監ではなく病院に送ってしまい、その後に予測される展開に対する不安や恐怖・・・といったところでしょうか。

敏腕弁護士だけに、初めての心境だったのでしょう。

コメディ?【映画感想】嘘はフィクサーのはじまり

 

 

試写会で鑑賞。

f:id:fu2uki:20181024041717j:plain

f:id:fu2uki:20181025234413j:plain

チラシ裏のイラストがこれ以上ないほどかわいい。

「もしもしノーマンですけどね」のセリフが容易に脳内再生されます。

 

原題:Norman: The Moderate Rise and Tragic Fall of a New York Fixer

訳すと「ノーマン:ニューヨーク仲介人のそこそこな栄光と悲劇的な急落」

といったところでしょうか。

 

【あらすじ】

ニューヨークで自称フィクサーのノーマンは、偶然を装ってイスラエルの政治家、

エシェルに近づく。話をしながら、靴をプレゼントした3年後、エシェルは

イスラエルの首相となる。

今まで一番の投資をしたと喜ぶノーマンの周りには、急激に大物の人脈が次々と

でき始めるがそれを頼りにする人たちも現れて・・・。

 

【感想】★★★☆☆

コメディのわりに笑えるところがほとんどなかった。

やっぱり国を違うと感性も違うのだろうか。

でも、ミスタービーン(イギリス産)とかグッバイ・ゴダール(フランス産)は

面白いんだよなぁ。

アメリカのコメディと日本のコメディが違いすぎるのか。

それとも吹き替えで観るべきなのか。

 

合成をうまく使って、別の場所にいる人物をうまくスクリーンに映し出して

いて、その見せ方や人物の動きがシンクロしているのは面白かった。

 

久しぶりに見たリチャード・ギアは、ちょっと困り顔で、話すときによく噛んで

しどろもどろ。

それでいてどこかかわいらしく、チャーミング。

リチャード・ギアというと、ハンサムで立ち居振る舞いもダンディなイメージ

だったから「見たことのないリチャード・ギアの姿にのけぞった」というニューヨーク

タイムズ紙のコメントは、それほど大げさでもない。

それでも一瞬、イメージ通りの彼が見られるシーンもありました。

「忖度コメディ」というコピーはちょっと違うと思う。

忖度ではないし、コメディ要素もそこそこで、悲喜劇ぐらいがちょうどいい感じ。

 

イスラエル首相のあまり政治家らしくない純粋な目と顔がステキでした。

政治家的な体系だけど、整った顔で愛すべきオッサンって感じ。

和平を第一に動いている首相は、平和主義の私にとってとても好印象で、

ノーマンよりも首相を応援してしまった。

 

展開はかなり読みやすく、でも、終わり方は、フランス映画のように余韻を残す感じ。

結末はわかるけれど、あえてはっきり描かない感じがアメリカの映画っぽくなかった。

それでいて、今流行りのサラッと終わる感じでもなく、ちょっとモヤっとした。

イスラエル映画の影響なのでしょうか?

 

この先は、ネタバレになってしまうので、

未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、

反転させて読んでください。

 

エシェルが携帯で酔ってつぶれそうになりながらも、

ノーマンに観覧車の話をするシーンがとても印象的。

政治家である自分の立場を観覧車に例えて、こう言う。

「一番上まで行って素晴らしい景色を見たら、あとは降りてくるだけ」

(うろ覚えです)

悲し気に言うけれど、結局もっと上に行ってしまう。

上に上って素晴らしい景色は見られるけれど、そこはとても小さな箱の中だし

どこにも行けず、全然自由ではない。

実際、彼は電話をかけるのも自由にできなくなっていた。

私なら、上って素晴らしい景色を見た後、ちゃんと元いたところに

戻ってきたいなぁ・・・などと思いながら見ていた。

 

イスラエルの政治は賄賂に厳しいというシーンがあり、裏口入学などが取りざたされて

いる今の日本の政治を揶揄しているようでなんともブラック。

 

まさかピーナッツアレルギーがあんな風に伏線になってるとは思わなかった。

何度かそれを印象づけるようなシーンがあったから、何かあるとは思っていたけど。

結局、教会を救ったのはノーマンの遺産という風に解釈したのですが、

どうなんでしょ?

 

アノニマス(anonymous)の単語にハッカー集団を思い出してしまった。

オータム・イン・ニューヨークでも観て、リチャード・ギアのイメージを取り戻そう。

レベルマックスのかくれんぼ【映画感想】クワイエット・プレイス

劇場で鑑賞。

f:id:fu2uki:20181019031729j:plain

【あらすじ】

音を頼りに生き物を襲う「何か」のため、荒廃した世界。

その「何か」はめちゃめちゃ俊敏で耳がめちゃめちゃ高性能。

わずかな物音を少しでも聞かれたら、どこからともなく「何か」が

速攻でやってきて速攻でやられます。

そんな中、生き残ったリーとその家族。

手話を使い、道には砂を敷き、裸足で歩く生活をしてなんとか魔の手から

生きのびていた。

妻のエヴリンは妊娠しており、4人目が生まれようとしていたが、

果たして無事に出産できるのか・・・。

 

【感想】★★★★★

観た人から、「DVDで充分だよ~」と言われてハードル下げていたせいも

あるけど、かなりおもしろかった。

荒廃した世界もいい感じだし、その描写も短くてわかりやすい。

まず、音をたてちゃいけないという縛りだけで、全体に緊張感があります。

ずーっとハラドキ(ハラハラドキドキ)できるんですよね。

「そんな中、なぜ妊娠する?」という疑問も、序盤でうまく解消しています。

姉弟の関係や、家族の絆もとても良い感じに描かれていて、

思わず目から液体が・・・。

大きな恐怖や問題がある中でも、力を合わせて日々を懸命に生きようとする姿は、

ウォーキング・デッドで描かれているものと似ています。

 

エミリー・ブラントは、強くて綺麗な母親役が似合いますね。

キリッとして、知的な感じも出ていました。

ラストも、バシッと終わり、これ以上ないほど。

もちろん、細かいところにつっこむことはできますが、それをするのは野暮ですね。

 

予告が流れるまではざわざわとかなりにぎやかな感じでしたが、作品が始まると

みんな息を詰めて見入っていました。

ポップコーンは、買わずに観るのが吉。

予告の間に食べ終わらないと、もれなく「ポリポリ言わせてんじゃねーよ!」と

思われてしまいます。

劇場側も「クワイエットプレイス産の玉こんにゃく」でも売ればいいのに。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、

未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、

反転させて読んでください。

 

階段のくぎは、すごくわかりやすいフラグで、

「ああ・・・ついに踏んじゃうんだ・・・」と思いながら、結局痛すぎて目を

そらしてしまいました。

だっておもっきし踏むんだもん。

子供たちも踏んじゃったりしないか、ムダにドキドキしました。

 

子供たちもなかなか賢くて、だてに生き残ってないなって感じでした。

頭を使ってピンチを乗り切るシーンが大好きなので、ツボを押されまくり。

特にコーン(?)の貯蔵タンクに落ちるシーンはよかったですね。

 

リーが、息子を滝のそばに連れて行こうとして、息子が嫌がり、娘が

「連れてって」と言うシーンは「娘を連れてってあげなよ、パパ!」って

思いましたね。

でも、その後の滝のシーンでは、息子の姉想いな一面が見られて、

「マーカス、めっちゃええコやー」ってなってよかったです。

花火を打ち上げるシーンでは、ビビりなのに、ママのために

すごく頑張りますしね。

 

娘のリーガンちゃんも、いいお姉ちゃんで、ロケットのおもちゃを持たせて

あげたシーンもとてもいいシーンで、かわいらしかったのに、

あんな風になってしまうなんて。

末っ子が電池を持ってしまった時点で、展開は予測できるんですが・・・。

 

お父さんが最後に手話で「愛してる」と伝えるシーンも予測通りなんですが

わかってても、いいものはいい。

 

エイリアンの目的がいまいちわからないんですが、やっぱり捕食でしょうか。

それにしては、森の中で出会った老夫婦の奥さんは、ただ殺されてるだけでした。

エイリアンのヴィジュアルもかなり気持ち悪い(褒めてる)

全体像がなかなか見えないのもいいですね。

 

最後にショットガンで撃たれるシーンで、「意外と弱いな!」と

思ってしまった。

もっと鋼鉄なボディなイメージでしたよ。

でも、ラストシーンの「皆殺しするわよ!」と復讐に燃える二人の顔は

もう一回観たいし、エイリアンたちを次々に倒していく二人の無双な姿も

DVDの特典映像でいいから観たいなー。