シネマの前で待ち合わせ

あるTSUTAYAスタッフが映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

ひょうひょうワトソン【映画感想】リチャード・ジュエル

試写会にて。

 f:id:fu2uki:20200122045624j:plain

 

【あらすじ】

 リチャードは、中小企業局アトランタ事務所に備品係として働いている。

そこでワトソン弁護士に出会い、ある理由から「レーダー」というあだ名をもらう。

二人は仲良くなり、その後、退職して警備員になるときにも、ワトソンにあいさつに行き、励まされる。

 

そして、1996年、オリンピックが開催中の都市、アトランタ

記念公園のコンサート警備にあたっていたリチャードは不審なバッグを見つけ、通報する。

爆弾処理班が確認すると、バッグの中にはプラスチック爆弾が。

リチャードの通報のおかげで観客やスタッフたちは爆発前に避難することができたが、それでも2名の死者と100人以上の負傷者が出る大惨事になった。

事件直後、リチャードは、爆弾の第一発見者・通報者として英雄扱いされるが、FBIが彼を容疑者として捜査していると報道されると状況は一転する。

リチャードは旧知のワトソン弁護士を頼り、無実を主張。リチャードの母ボブも息子の無実を信じるが・・・。

 

【感想】★★★★★

 会場に向かう電車の中で眠くなってしまい、上映中に寝てしまわないか心配していたのですが、始まるとすぐに引き込まれていきました。

上手く説明できないのですが、リチャードとワトソンのやりとりとか、雰囲気やストーリーの展開にとても惹きつけるものがあって、退屈する暇が全然ないんですよね。

 

特にワトソン弁護士のひょうひょうとしてる感じがとても好きになってしまい、ずっと見ていたくなりました。

ひょうひょうとしてるのにいい人なんですよね。

そして、一度も怒りを爆発させたりせずに冷静に対処していくのが本当にかっこよかった。

 

実際、リチャードとワトソンのW主演のような作品なので、彼の出番は多く、たくさん見られて満足。

リチャードのどこか少年っぽいところが見え隠れするのもいい感じで、二人ともナイスキャスティングだと思います。

 

ストーリー展開は、時系列に進んでいくのでわかりやすく、だいたい想像していた通りでした。

テーマは重いのですが、リチャードのキャラと、ときどき笑いが起きる場面のおかげで、重くなりすぎなくてよかったです。

変なコメディよりよっぽどおもしろかったなぁ。

(洋画のコメディは感性が違うせいか、なかなか面白いと思えないんですよね)

クリントイーストウッド監督の映画ではめずらしいかな?

 

母親の心痛とかが見ていられない感じだったら嫌だなと思っていましたが杞憂でした。

報道陣に囲まれてしまい、身動きがとれなくなるのは辛そうだったけど。

 

131分のわりと長めの上映時間でしたが、ずっと集中して見ていました。

ラストもサラッとした感じで終わってよかった。

 

「見てみようかなー、どうしようかなー」と迷っているのであれば、ぜひ見てほしいです。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、反転させて読んでください。

 

細かいところに気が付くっていうリチャードのいいところをちゃんと見ているワトソン。その長所を発揮して、ルールに従い、正しいことをしたせいで渦中の人になってしまうリチャード。

その二人の関係性がとてもいいです。

スニッカーズが好きなことに気が付いたリチャードに「レーダー」というあだ名をつける場面が後々まで思い返されました。

ゲームセンターで一緒に遊ぶシーンもとても好き。

二人とも子供みたい。

 

もちろんリチャードは犯人ではないのだけれど、事件の場面を見てると犯人っぽい。

バッグを見つけた時点で「危険なもの」って確信してたり、スタッフに「避難しろ」と言いに行って騒ぐところとか。

ただ決められたルールを守ってるだけなんですけどね。

 

家宅捜索の後・・・

ワトソン「危険なパンストが見つかりました」( ー`дー´)キリッ

 

これには、思わず吹き出しました。

そんなクソまじめな顔して面白いこと言わないでよ。

お連れ様は、「何もしゃべるな」って言われてるのに、いざとなったらべらべらしゃべるリチャードが面白かったとおっしゃってましたね。

 

ボブが泣きながら演説していたときは、ちょっともらい泣きしそうでした。

その後、「がんばったね」って感じでいたわるワトソンも素敵でした。

そうなるともう、ワトソンはなにをしてても私の心をわしづかみ。

油揚げになった気分。それはトンビか。

 

最後の反撃にでたリチャードもかっこよかった。

「証拠はあるんですか?」の一撃もよかったけど、「爆弾を見つけた人が通報しようとしたときに、『リチャード・ジュエルの二の舞になるのはごめんだ』と思うのではないでしょうか?」と言ったときが、もう最高。最&高。

ぽちゃっとした顔がやたらかっこよく見えました。

最後は自分でFBIを蹴り倒しにいったリチャードに拍手です。

 

最後の方は、FBIも彼が犯人ではないとわかっているけれど、引っ込みがつかなくなったような感じがしましたね。

リチャードが捜査対象からはずれたことを告げる書面を持ってくる場所も、二人がハンバーガーを食べてるところで、物々しくなくてよかった。

最後は真犯人が見つかるまで6年もかかったのか・・・と思いました。

でも、リチャードはワトソンの言うように本当に「見違えたな」って感じで。

とてもいい話でした。

 

ワトソン役のサム・ロックウェルにやられっぱなしだったので、今度はスリー・ビルボードでも見て、こてんぱんにされようかと思っている次第です。