シネマの前で待ち合わせ

あるTSUTAYAスタッフが映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

ラスト!【映画感想】恋は雨上がりのように

DVDにて。

f:id:fu2uki:20191217231943j:plain

【あらすじ】

あきらは、ファミレスでバイトしている女子高校生。バイト先に友人もでき、それなりに楽しく過ごしている。なによりバイト先にはあきらが好きな店長がいるから・・・。

実はあきらは、少し前に陸上の練習中にアキレス腱断絶のけがをしていた。

そのころ、病院の近くのファミレスに寄ったあきらは、店長と出会い、何気ない一言をかけられる。印象的な言葉はあきらを盲目的な恋に走らせる。

 

【感想】★★★★★

原作が面白かったし、大泉さんが出ているし、ヒロインは小松菜奈なので、これは見ておかないと。となって見てみました。

DVDのレンタルもけっこう回ってましたし、後で見るとYahoo映画の点数もなかなかでした。

 

まず大泉さんのキャスティングが近藤店長っぽくていいですよね。

別にかっこよくもない、ただのおっさんって感じがよく出てるし、情けなさもにじみ出てます。

本当に多才な人です。

小松菜奈も、冷たくにらむ感じとかよかったですね。

「僕は明日、昨日の君とデートする」では、わりと小柄に見えたんですが、けっこう背が高いんですね。

福士蒼汰が長身だから小さく見えたのか、イメージの問題なのか。

最初は、こんな顔だっけ?と思いましたが。

私は、「小松菜奈は見てるうちにかわいく見えてくる魔法」がかけられてるので、

そのうちにちゃんと「ああ、小松菜奈だ」ってなりました。

 

そして特筆すべきは、九条ちひろ役の 戸次重幸。再現率が高かった。

他の人たちもわりと原作に近かったんですが、彼が一番。

素顔を見ると全然似てないので、寄せたんでしょう。

濱田マリの小ささも久保さんぽかったし、彼女のセリフがとても間がよくておかしかったです。

 

ストーリーも原作をなぞっていてよかったですね。

もちろん、かなりはしょられてはいるんですが、要所要所をおさえている感じで。

実写化としては、これ以上ないでしょう。

 

近藤店長の、あきらの想いを受け止められずに困りつつも、あきらにかける声とか大事に思ってる感じ、気にかけてる感じ、人の好さとかも見て取れて、ほんわかしました。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、反転させて読んでください。

 

「俺ってくさいかなぁ」とぼやく店長に、久保さんが「くさいです!」って間髪入れずに答えるところが面白かったですね。

それでも最後のほうに店長が書いた原稿を読んでる久保さん。

いいキャラです。

 

加瀬さんとデートするときのへろーんとした格好と、店長とデートするときの気合の

入ったワンピース姿もそのままでよかったです。

へろーんの後、キラキラワンピース姿を期待しちゃったよね。

小松菜奈はオフィスカジュアルなパンツ姿とかも似合いそう。

 

そして、なんといってもラスト。

原作通りに進むので、ラストも一緒かなと思ってみてたら、なんか見たことない

シーン。

「あたし、店長とメールしたいです」

おお!来た!と思いましたね。

そして、これ以上ないようなタイミングで終わっていいですよね~。

原作と違って、これからに期待できそう。

あきらが大人になるにつれ、店長も抵抗がなくなりそうだし。

恋愛じゃなくても、友達のままでもいいと思いますし。

 

原作のラストは、予想通りだったけど、ちょっと寂しかったのでこっちのラストのほうが好きです。

せっかく両想いなのにって思っちゃったんですよね。

 

店長の笑った顔、よかったです。