シネマの前で待ち合わせ

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

プロレス?【映画感想】ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

劇場で鑑賞。ゴジラはスクリーンで見ないと。

f:id:fu2uki:20190621210953j:plain

【あらすじ】

ゴジラとムートーの戦いから5年。巨大怪獣が生存することが認識され、怪獣の調査をしていた「モナーク」だが、怪獣はすべて殲滅するべきという世論をうけ、解体の危機にさらされていた。

 そんな中、オルカを開発した科学者エマはモスラとの交信を成功させていた。

そこへ、環境テロリストのアラン・ジョナが基地を襲い、エマとその娘のマディソンを連れ去ってしまう。

モナークの芹沢博士は、オルカの原型となるものを作ったエマの夫マークに協力を要請し、二人とオルカを取り戻そうとするが・・・。

 

【感想】★★★★☆

一言で言うと、派手でした。

 相変わらず、ゴジラはかっこよかったです。

普段は、海の底で暮らしているんですね。

まぁ、あんなに大きかったら、陸では暮らすのは難しいかも。

でも、何を食べてるんだろうとか、水の中でも呼吸できるんだろうかとか、色々考えてしまいます。

 

ギドラは初めて見ましたが、頭が3つということは脳みそも3つですよね。

(地球上の生物だったらの話ですが。)

混乱しないんでしょうか。

人格というか、意識的なものはどうなってるのかとか、疑問は尽きません。

ただ、頭が3つもあると、毛づくろいはしやすそうですね。

 

怪獣について、いい大人たちが真剣に議論している姿は、現実感がいまいちなくて、ちょっと滑稽にさえ思えました。

シン・ゴジラでも2014でも、そんなことなかったのですが。

ストーリーに関して言えば、エマの行動原理が理解できず・・・。

息子のためということでしたが、なんでそうなる?

もう一回見たらわかるかしら。

 

チャン・ツィイーは、ときどき榮倉奈々に見えました。

小美人を思わせる描写があるようでしたが、モスラに詳しくないのでよくわからず、残念。

モスラをSheって言ってて、ああモスラって女性なんだと思いました。

ゴジラと仲良しみたいで、クィーンとキングってことなんですね。

確かに、モスラはクィーンっぽい。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、反転させて読んでください。

 

芹沢さんが、まさかの最後。

なんてアルマゲドン・・・。

ゴジラが助けてくれることを期待しましたが、無理なお話でした。

最後はゴジラ愛にあふれてました。

芹沢さん、もう出ないのかな・・・。

 

その前の、彼が海底を行くシーンはワクワクしましたね。

この遺跡の話でもう一つ映画ができそう。

 芹沢さんが、ヘルメットなしで呼吸していて、海の中なのに空気がある場所なんだと思い、実際にそんな場所があるのかどうかも気になりました。

きっとあるんでしょうね。

 

ゴジラがギドラに持ち上げられて落とされたときは、プロレスみたいだなぁと。

他の戦闘シーンもプロレスっぽかった。

ギドラを倒したあとに、他の怪獣たちが集まってきて、もう一戦?と思ったら

ひれ伏しちゃって。

ギドラがリーダーだったから、それを倒したゴジラがリーダーとなったんですかね。

怪獣たちは、上下関係に厳しいようです。

男気というか、極道とか暴走族のようなにおいがします。

 

fu2uki.hatenablog.com