シネマの前で待ち合わせ

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

「ティックタック」【映画感想】ロスト・ボディ

amazon prime videoで鑑賞。

f:id:fu2uki:20190612215805j:plain

原題:El Cuerpo 「遺体」

 

【あらすじ】

死体安置所の警備員が何かにおびえて森の中を走っていく。道路に飛び出し、車にひかれ、意識不明の重体に。

その後、安置所からマイカという女性の遺体が消えていることがわかり、休暇を終えたばかりのハイメ警部が呼び出される。

夫のアレックスから話を聞きつつ、捜査を開始すると彼の態度が怪しい。

どうやら彼には愛人がいて、妻のマイカを疎ましく思っていたらしい。

妻マイカの殺害計画を実行したアレックスだが、遺体を安置所から盗み出したのは自分ではない。

では、いったい誰が?何のために?

 

 【感想】★★★★☆

ずっと気になっていた作品で、amazon primeで見つけ、レンタルしました。

¥100の価値は十分にありました。

原題は「遺体」という意味のようですが、「ロスト・ボディ」のほうがわかりやすくていいですね。

 

監督が、「インビジブル・ゲスト」のオリオル・パウロだったので期待してたのですが、やっぱり雰囲気とか撮り方が似てますね。

よくできてるなーって感心するところも一緒。

伏線はちりばめられていますが、真犯人にたどりつくのは難しそう。

重要な手掛かりは隠されているので、☆4つとなりました。

もう少しわかりやすくヒントがあればよかったかも。

 

最初はちょっとホラーっぽい感じで進むので、それがいいスパイスでした。

イカとアレックスの会社が製薬会社というのも、毒殺を選ぶのが自然になるいい設定ですね。

イカが生きてるんじゃないかと思わせるのにも一役買ってます。

イカの性格もポイントで、人をだましてからかうのが好きみたいです。

アレックスはちょっとだまされすぎ?

でも、マイカ夫人は、そんなアレックスが好きなだけで、なんだかかわいそうな人でした。

ハイメ警部は、刑事というより学者みたいな風貌。

アレックスは、人の好さそうな顔して、かなり最低な男ですね。

 

 最後の最後までどうなるか全然読めないんですが、パッと終わるラストがよかったです。

え、ちょっと、ちょっと・・・となることも確かですが。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、反転させて読んでください。

インビジブル・ゲストのネタバレも含みますのでご注意ください。

 

インビジブル・ゲストと軸は同じような気がします。

犯罪を犯した男をだまして自白させる・・・。

でも、全然黒幕に気づけませんでした。

ハイメ警部の奥さんが亡くなった事故と、遺体消失がこんな風に絡んでくるなんて。

 

イカの遺体が出てきた時点で、アレックスの妄想オチかと思わせといて、実は、カルラは実在してましたー!ハイメの娘でしたー!っていうのがまたにくい。

 ただ、ちょっとやりすぎでは?と思ってしまいます。

結局、娘に毒殺をさせちゃったわけですから。

自白させて、事故の件でも逮捕するだけじゃ物足りなかったんですね。

 

カルラがアレックスを本当に好きになってしまったと思っている人のブログを読んで、そういう考え方もありかなと思いました。

そうしたら、カルラの最後の涙の意味も深くなってくるなと。

見ているときは、お母さんのことを想って泣いているのかと思ったのですが。

 

最後にハイメ警部がアレックスを見下ろしながら「ティックタック」と言って

終わったのは、かなりよかったです。

 

あれ以上の終わり方はないかもしれません。

 

こちらもどうぞ。

fu2uki.hatenablog.com