シネマの前で待ち合わせ

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

切なさ満開【映画感想】ソローキンの見た桜

試写会にて鑑賞。

f:id:fu2uki:20190222021619p:plain

原題:Вплену у сакуры 「桜にとらわれて」.

 

【あらすじ】

現在。地元のロシア人墓地を取材していたTVディレクターの桜子は、先輩の倉田にソローキンの墓がないことを教えられ、ロシアに取材に同行することを頼まれる。

いまいち乗り気ではなかった桜子だが、家で祖母に先祖のゆいの日記を見せられる。

日記を持ってロシアに渡った桜子は、祖母からある事実を告げられる。

そして、二人の日記を追っていくうちに、彼女のルーツが見えてくる。

 

日露戦争時代。日本の捕虜となったロシア兵捕虜、ソローキンを手当てすることとなったゆい。

ゆいの弟は戦争で亡くなっているため、複雑な思いを胸に抱いていたが、そのうちにソローキンに惹かれていく。

ロシア革命のために祖国に戻らなければいけないソローキンは、ゆいを連れて脱走し、ロシアに戻ろうとするが・・・。

 

【感想】★★★★☆

原題は、「桜にとらわれて」といった意味のようです。

こちらのタイトルもいいですね。

「ソローキンの見た桜」も、とてもいいタイトルだと思います。

ラジオドラマが原作としてあり、南海放送で放送されたようです。

 

ソローキン役のロデオンがかっこよかったです。ロシアのディカプリオって感じ。

ゆい役の阿部純子さんもキリッとした美人さんでしたね。

所長役のイッセー尾形さんは、相変わらずいい味だしてましたね。

すっとぼけた感じがなんとも言えず、ナイスキャスティングだと思いました。

この人は、軍服姿が似合うんですよね。

昔の人の顔なのかも。

ボイスマン大佐役のアレクサンドル・ドモガロフ氏はロシアの名優らしく、イッセー尾形さんが「(彼に比べると)僕の小物感がすごかった」とおっしゃってました(笑)

 

ストーリーはわかりやすいロミジュリな話なんですが、史実を元にしているそうで、なかなか切ないです。

でも、わりと明るく描いていて、イッセー尾形さんの存在のせいか、笑いが起こるシーンもありました。

松山の桜や城の風景は本当にきれいで、サンクトペテルブルクの街並みも美しく、とてもいい対比だったと思います。

収容所として寺に捕虜が収容されているのですが、寺にロシア人というなんとも言えない組み合わせが新しく、それでいてなんとなくしっくりくる感じがしました。

欲を言えば、もっとサンクトペテルブルクの街並みが見たかったです。

 

残念だったのが、BGMが大きすぎたのか、会場の音響のバランスのせいか、会話が聞き取りにくいところがありました。特に倉田の声が。

特にBGMいらないんだけどなって思ってしまいました。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、

未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、

反転させて読んでください。

 

どこまでが実際にあったことなのか、どこからが脚色なのかがわからないのですが、一番男前だったのは、後にゆいの旦那さんになった人ではないでしょうか。

ソローキンとゆいの娘ごと受け入れるなんて、懐が大きすぎてもう・・・。

ほんの少ししか登場しないのに、おいしいところ持って行ったなぁと思いました。

 

ゆいの手紙がソローキンの死後にしか届かなかったなんて、それもまた切なかったです。

ソローキンは、娘がいたことはおそらく知らずに亡くなったのでしょう。

ソローキンとともにゆいがロシアに渡ろうとしたら、許可証はなかったと思うので、この脱走は成功しなかったかもしれません。

そう考えると、ゆいの決断も正しかったと思えますが、やっぱり切ないです。

ソローキンを死亡したとして、捜索を中止にした後、ボイスマン大佐がやってきて、二人でたばこを吸うシーンがよかったです。

あと、正露丸とこんにゃくのシーン。

ちゃんと食べるところがえらいですね。

戦時中だから、粗末にできなかったのかもしれません。