シネマの前で待ち合わせ

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

レベルマックスのかくれんぼ【映画感想】クワイエット・プレイス

劇場で鑑賞。

f:id:fu2uki:20181019031729j:plain

【あらすじ】

音を頼りに生き物を襲う「何か」のため、荒廃した世界。

その「何か」はめちゃめちゃ俊敏で耳がめちゃめちゃ高性能。

わずかな物音を少しでも聞かれたら、どこからともなく「何か」が

速攻でやってきて速攻でやられます。

そんな中、生き残ったリーとその家族。

手話を使い、道には砂を敷き、裸足で歩く生活をしてなんとか魔の手から

生きのびていた。

妻のエヴリンは妊娠しており、4人目が生まれようとしていたが、

果たして無事に出産できるのか・・・。

 

【感想】★★★★★

観た人から、「DVDで充分だよ~」と言われてハードル下げていたせいも

あるけど、かなりおもしろかった。

荒廃した世界もいい感じだし、その描写も短くてわかりやすい。

まず、音をたてちゃいけないという縛りだけで、全体に緊張感があります。

ずーっとハラドキ(ハラハラドキドキ)できるんですよね。

「そんな中、なぜ妊娠する?」という疑問も、序盤でうまく解消しています。

姉弟の関係や、家族の絆もとても良い感じに描かれていて、

思わず目から液体が・・・。

大きな恐怖や問題がある中でも、力を合わせて日々を懸命に生きようとする姿は、

ウォーキング・デッドで描かれているものと似ています。

 

エミリー・ブラントは、強くて綺麗な母親役が似合いますね。

キリッとして、知的な感じも出ていました。

ラストも、バシッと終わり、これ以上ないほど。

もちろん、細かいところにつっこむことはできますが、それをするのは野暮ですね。

 

予告が流れるまではざわざわとかなりにぎやかな感じでしたが、作品が始まると

みんな息を詰めて見入っていました。

ポップコーンは、買わずに観るのが吉。

予告の間に食べ終わらないと、もれなく「ポリポリ言わせてんじゃねーよ!」と

思われてしまいます。

劇場側も「クワイエットプレイス産の玉こんにゃく」でも売ればいいのに。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、

未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、

反転させて読んでください。

 

階段のくぎは、すごくわかりやすいフラグで、

「ああ・・・ついに踏んじゃうんだ・・・」と思いながら、結局痛すぎて目を

そらしてしまいました。

だっておもっきし踏むんだもん。

子供たちも踏んじゃったりしないか、ムダにドキドキしました。

 

子供たちもなかなか賢くて、だてに生き残ってないなって感じでした。

頭を使ってピンチを乗り切るシーンが大好きなので、ツボを押されまくり。

特にコーン(?)の貯蔵タンクに落ちるシーンはよかったですね。

 

リーが、息子を滝のそばに連れて行こうとして、息子が嫌がり、娘が

「連れてって」と言うシーンは「娘を連れてってあげなよ、パパ!」って

思いましたね。

でも、その後の滝のシーンでは、息子の姉想いな一面が見られて、

「マーカス、めっちゃええコやー」ってなってよかったです。

花火を打ち上げるシーンでは、ビビりなのに、ママのために

すごく頑張りますしね。

 

娘のリーガンちゃんも、いいお姉ちゃんで、ロケットのおもちゃを持たせて

あげたシーンもとてもいいシーンで、かわいらしかったのに、

あんな風になってしまうなんて。

末っ子が電池を持ってしまった時点で、展開は予測できるんですが・・・。

 

お父さんが最後に手話で「愛してる」と伝えるシーンも予測通りなんですが

わかってても、いいものはいい。

 

エイリアンの目的がいまいちわからないんですが、やっぱり捕食でしょうか。

それにしては、森の中で出会った老夫婦の奥さんは、ただ殺されてるだけでした。

エイリアンのヴィジュアルもかなり気持ち悪い(褒めてる)

全体像がなかなか見えないのもいいですね。

 

最後にショットガンで撃たれるシーンで、「意外と弱いな!」と

思ってしまった。

もっと鋼鉄なボディなイメージでしたよ。

でも、ラストシーンの「皆殺しするわよ!」と復讐に燃える二人の顔は

もう一回観たいし、エイリアンたちを次々に倒していく二人の無双な姿も

DVDの特典映像でいいから観たいなー。