シネマの前で待ち合わせ

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

後味もブラック【映画感想】ゲットアウト

DVDで鑑賞。

f:id:fu2uki:20181008035550j:plain

 

【あらすじ】

アフリカ系アメリカ人のクリスは、恋人のローズの実家に招待される。

ローズも家族もみんな白人のため、歓迎をうけても居心地の悪さを感じるクリス。

使用人の黒人たちは、情緒不安定だったり、変な行動をとったり・・・。

一晩明けて、パーティーが始まり、白人の数はさらに増え、それとともに

居心地の悪さと違和感も増え、クリスはだんだんと追い詰められていく・・・。

 

【感想】★★★☆☆

オープニングから、嫌な感じがてんこ盛り。

「サイコホラーにミステリーソースをかけて」といった感じの作品。

 

私は日本で生まれた日本人なので、外側からしか黒人に対する人種差別を

見られないのですが、その心理に少しだけ触れることができたような気がします。

黒人と白人の会話やその場の空気がアメリカでは「あるある」な場面

なんだろうなぁと思いながら見ていました。

 

ミステリーとしてもうまくできてる。

からくりに気づいたときに伏線がうまく働いていました。

ただ、いろいろとえぐい。

観た人がそう言っていたので、かまえて見始めたけれど、やはりえぐい。

 

よくできてる作品だし、人種差別批判としても良作だと思いますが、

後味がブラックコーヒーのように苦いのが星3つの理由です。

ブラックコーヒーというより、いっそエスプレッソ。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、

未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、

反転させて読んでください。

 

「何かがおかしい」雰囲気や居心地の悪さの作り方が「インビテーション」

という映画に似ています。

実家に向かう道中に動物を車でひいてしまう描写も同じ。

鹿が心理描写に使われるので、海外ドラマの「ハンニバル」っぽさもありました。

 

それより、催眠術って本当にあんな風に人を操れるものなんでしょうか。

ティーカップとスプーンだけで人を操れたら最強で最恐です。

 

クリスが階段をのぼって行ったあとに、招待客の白人たちが動きを止める

シーンが印象的。

ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの「いかさま師」という絵を思い出しました。

f:id:fu2uki:20181008043552j:plain

 ビンゴ大会かと思ったら、競りだし。

ここまでくると一周まわってなんだかおもしろくなった。

 

タイトルの「ゲットアウト」もわかりやすい。

「出ていけ!」と言うより「逃げろ!」って感じですね。

 

ローズも味方ではないとわかるシーンもサラッとしていてよかったです。

それなのにローズを連れて家を出ようとするクリス。

本当にローズを好きだったんだとわかり、せつなく、不憫です。

そして、ローズの「良い彼女」の演技がうますぎて怖い。

冒頭の警察にキレるシーンがここで生きてきます。

 あんなに黒人の味方だったのに!

 

クリスの友人のロッドの存在が唯一のオアシス。

行動力が半端なく、友人のクリスを本当に心配しているのがわかりました。

良い仕事ができる男です。

 

最初から最後まで、じわじわ怖い。

びっくり箱のような驚かせ方はありませんが、オチがわかってからも

さらに怖い作品でした。

 

 

 

インビテーションの感想

fu2uki.hatenablog.com