シネマの前で待ち合わせ

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

期待値が高すぎた【映画感想】ジュラシック・ワールド 炎の王国

劇場で鑑賞。

f:id:fu2uki:20180717020020j:plain

原題 Jurassic World: Fallen Kingdom

 

【あらすじ】

前作に登場した「ジュラシック・ワールド」が

火山の大噴火で恐竜が絶滅の危機に。

オーウェンとクレアは、恐竜たちの救出に

イスラ・ヌブラル島に向かうが、火山にも恐竜

にも襲われヤンヤンする。

彼らは無事に、恐竜たちを救えるのか?!

 

【感想】★★★★☆

ストーリーは前作の方がよかった。

今回は、山場がどこかよくわからない感じ。

あのテーマ曲も、もうちょっと早く

聞きたかったな。

逆に言えば、チョコチョコと

面白いシーンがあり、飽きなかった。

恐竜と火山の噴火や溶岩は視覚的に相性がいいなーとも思った。

 

ジュラシックパーク1を思い出させる

シーンが多く、それはよかったけど、

子供向けではないかも。

メイジーは、文句なしにかわいい。

ただ、オーウェンは無双過ぎ。

 

コロコロとシーンが変わるので、

映画を見慣れない人はちょっと疲れちゃうかも。

とにかく、ちょっと詰め込み過ぎな印象。

でも、次回作も絶対に劇場に行く。

 

だって恐竜たちは、どれも最高だったからね!

 

この先は、ネタバレになってしまうので、

未鑑賞の方はご注意ください。

文字色を薄くしてあるので読みにくいときは、

反転させて読んでください。

 

 

 

メイジーが、館の手動エレベーターに潜り込んで扉を閉めようとするシーンは

なんだか懐かしくなってよかった。

思っていたよりCMのシーンが早く出てきて、びっくり。

あれがクライマックスかと思っていました。

 

最初のシーンは、ロスト・ワールド(だったかな?)の冒頭を思い出させるし、

何回か出て来た裁判所(?)のシーンは、

「あら、イアン・マルコム博士、お久しぶり」って感じ。

 

次回作も出てほしいな。