シネマの前で待ち合わせ

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

ロシア産E.T【映画感想】アトラクション ー制圧ー

TSUTAYAで、DVDの本数が多く、よくレンタルされているようだった

ので気になって鑑賞。

f:id:fu2uki:20180612225519j:plain

【あらすじ】

ある日、モスクワ上空に未確認飛行物体が現れ、軍によって攻撃された

それは住宅街に墜落し始める。

その日、高校生のユリアは、学校の授業で隕石雨が降るから

観測するようにと言われる。

軍司令官のユリアの父は、「高いところは人が集まるから危険だ」

と言って観測に行くことを許してはくれなかった。

しかし、絶賛反抗期中のユリアは父の制止を無視して

恋人のチョーマと友人のスヴェタと一緒に、マンションの屋上で

隕石雨を待っていた。

そのうち、チョーマに誘惑されてスヴェタの部屋に行き、

イチャイチャし始める。

そんな中、コントロールを失った宇宙船が、スヴェタの目の前に

墜落してきて・・・。

 

【感想】★★★★☆

ロシア産インデペンデンスデイだと思って観てみたら、全然そうでは

なかった。

侵略目的で宇宙船がやってきて、地球の軍隊とドンパチして

一般市民がワーワー言いながら逃げるパニックアクションだと

思っていたら、最初の墜落シーンがピークで後は尻つぼみの展開。

 

かといって、つまらないわけじゃなく、

「あ、これはロシア産E.Tなんだ」と気づいて頭を

切り替えたらそこそこ面白かった。

 

冒頭の墜落シーンのCGは見事で、劇場で観たかったと思うくらいだった。

墜落シーンとイチャイチャシーンと逃げ惑う人々とのシーンが上手く

重なりあい、一見するとミスマッチな音楽が絶妙にマッチしていて

鑑賞後にそのシーンだけ見直してしまった。

そこだけ観ても損はないと思う。

 

防護服のデザインもカエルみたいなフォルムで面白かったし、宇宙船自体も

綺麗だった。

ユリアちゃんは、高校生のわりに大人っぽい外見でロシア的な美人。

やってきた宇宙人もかっこよかった。

優男風なのに、アクションもいけまっせ!な感じが意外でいいですね。

 

エンドロールを観ながら、キリル文字と宇宙空間の相性っていいんだなぁと

変なところに感心したり。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、未鑑賞の方はご注意ください。

読むときは、反転させて読んでください。

 

チョーマが最初は、ユリアが落ちないように必死に手をつかんでたり、

スヴェタが亡くなったことを知ったときに慰めたり、いい奴風なのに

 途中から反転しましたね。

そうでもしないとヘイコンと敵対する人物がいなくなっちゃうもんね。

 

防護服に火をつけられても一瞬で消える場面とか、宇宙船が宇宙に帰る

シーンとかヘイコンの故郷の星のシーンとか、どれも水が上手く使われていて

幻想的でよかった。

特に宇宙船が飛び立つところは素敵。

水を引き寄せて宇宙船を修復するって言う設定も面白いと思いました。

 

防護服の動きもスピーディで独特だし、ヘイコンとの格闘シーンも

CGぽさが、いい意味でなくて、映像技術の進化を感じました。

ヘイコンは優し気な感じなのに、アクションになるとヒョイヒョイと

身軽に動けてすごい。

ユリアと一緒に食事をするシーンでトルティーヤみたいなものに

ラディッシュソース(?)をたっぷり塗って食べちゃうシーンは

すごくありがちなんだけど、ヘイコンの表情がかわいくてとても

微笑ましかった。

笑顔の練習をするシーンのときも、ヘイコン役の人は宇宙人ぽい演技が

上手いなって思った。

 

宇宙船の中で父が聞く話が考えさせられる。

宇宙から見たら地球ほど野蛮な星もそうそうないだろうな。

 

結局、故郷の星へ帰りたいというE.T、ヘイコンを帰してあげようと

ヤンヤンするユリアの話でした。

でも、ユリアって聞くとどうしてもこっち。

YouShock!

f:id:fu2uki:20180612233652j:plain