シネマの前で待ち合わせ

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

I know アンノウンs.【映画感想 アンノウン】

他のブログから転載。(2016年04月29日)

転載するときにちょっと編集。

 f:id:fu2uki:20180516031913j:plain

 

【あらすじ】

植物学者が学会のためにベルリンにやってきて、交通事故にあい

記憶をなくし、ヤンヤンする話。

「俺はいったい誰なんだー」って、カーチェイスしたり、敵を倒したり倒されたり。

 

【感想】★★★☆☆  

原作があるからか、起承転結があって、よくできてる。

もちろんツッコミどころはあるけど、そんなこと言ってたら

ハリウッド映画なんて観られないよってくらいのレベル。

 

リーアム・ニーソンは、客観的に見ればかっこいいんだろうな。

ただ、好みではない。

個人的には、ケビン・ベーコンゲイリー・オールドマンの方が好き。

どうやら、顔長い人が好きみたい。

かと言って、馬が好きかって言えばそうでもない。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、未鑑賞の方はご注意ください。

読むときは、反転させて読んでください。

ネタバレ感想の後も、ちょこっと続きがあります)

 

上に書いたツッコミどころは、暗号が、簡単すぎない?とか、

一番大事なカバンを忘れたりする?とか。

読めたところと、裏切られたところが半々くらい。

記憶をなくしているほうがいい人だな・・・って言うのが序盤の感想で

それが正しかった感じ。

主人公の妻が、「I LOVE YOU」と言うシーンがあるが、そのシーンの彼女の

表情がすべてを物語っている気がする。

 

 

 

タクシーの運転手の方が、主人公の妻より好きな顔だなって思ってたら、

ヒロインはそっちだった。

発音がイギリス人っぽいなって思ってたら、ドイツ人。

大外れ。

不法移民の役だったが、セリフ回しが上手かったと思う。

ラストがイマイチだったのが残念。


結論:やっぱりもうひとつの「アンノウン」の方が好き。

f:id:fu2uki:20180516032718j:plain

お金をかけないでもおもしろいのが、B級ってやつで、お金をかけて面白いのが

ハリウッド映画。

阪神ジャイアンツみたいな感じと言ったら近いかな?

 

*タイトルのアンノウンsのsは複数形のsです。

(二つの)アンノウンと言う映画を知ってますよって意味。