fu2uki’s blog

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

流行りの黒い液体【映画感想】インバージョン 転移

サマー・インフェルノと似たジャケット。

こちらの方が面白そうだったので鑑賞。

 

f:id:fu2uki:20171206010815j:plain

 

【あらすじ】

小屋のような部屋の中で意識を取り戻す一人の青年。彼は記憶を失っていた。

鏡を見ると、口元や洋服は黒い液体で汚れ、頭や体には気泡のようなものが。

持っていた財布から写真と免許書が出てきて、アダムという名前を知る。

壁には「REMEMBER(思い出せ)」の文字と彼自身が描いたらしい女性の絵。

窓には板が打ち付けられ、「だれも入れるな」の文字もある。

そのうちに記憶が少しずつ戻ってくるが、知らない人の記憶も混じっているらしく、

混乱しながらも、記憶を整理しようと壁にキーワードを書き始める。

 

【感想】★★★★☆

原題はThe Hive ハチの巣って意味みたいです。こちらではなじみがない単語なので

邦題つけたはいいけど、やっぱりなじみがない単語でした。インベージョンと似てて

まぎらわしい。内容は少し似てる気がするが。

 

ホラーというよりはSFミステリで、謎解きの部分が大きい。もっとゾンビみたいに

襲われるのかと思ってたら、全然そうではなく、襲われるには襲われるけど、生ぬるい

です。

場面がよく変わり、3軸あるので、この手の映画を見慣れてない人は混乱して

しまうかも。

バタフライエフェクトよりは複雑で、メメントよりはわかりやすいです。

 

黒い液体を吐かれて「我々」の一部になってしまう原因はウィルスのようなのですが、

どちらかというと宇宙人に意識を乗っ取られるのに近い気がしました。

そのヴィジュアルと話し方は悪魔憑きのようで、いつエクソシストが出てきても

大丈夫そうな感じ。

なんにしても、人間の意識をのっとって何がしたいのかわからないです。

「我々」としてすべての人の意識と記憶を統一して何がしたいのか・・・。

SNS批判のようにも感じましたし、エヴァンゲリオン人類補完計画

思い出したりしました。碇ゲンドウが目指していたのはこれか?!みたいな。

 

それでも、観ていて飽きたりしませんでしたし、構成も面白いと思いました。

ラストも無理なく最初につながっていい感じでした。

もうちょっとハッピーエンドでもよかったかも。

ちょこっとだけコメディのようなところがあって、いいスパイスになっていました。

ストーリーには全然関係ないのですが。

 

それにしても、アダムの友人クラークがいい感じにイヤなやつでした。(褒めてる)

自分の彼女のジェスが死にそうで助けを求めてるのに助けに行かないし、それでいて

アダムとケイティが助けて落ち着いた後は、「必ず助けてあげる」とか調子のいいこと

言うし、キャンプに来ていた子供たちを置いて逃げようとするし。

(彼らはどうやらキャンプの指導員として山に来ているらしいです。)

4人もいたら一人はこんなキャラなのが王道なのかも。

その分、主人公の性格がよく見えるしね。

 

このようなジャケットと黒い液体を吐くのは最近の流行りなのでしょうか。

確かサマー・インフェルノも似たようなジャケットと黒い液体。

キラー・インフェルノも似たようなジャケットなので、皆さんお間違えなく。