fu2uki’s blog

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

コメディに挑戦 【映画感想】ロスト・イン・パリ

スペシャルシート(試写会)で鑑賞

f:id:fu2uki:20170617010435j:plain

 

【あらすじ】

雪深いカナダの小さな村の、図書館司書フィオナ。

ある日、パリに住むおばさんのマーサから助けを求める手紙が届き、臆病者の

フィオナは勇気をふりしぼっって、初めてのパリへ。

ところがアパートにマーサの姿は見当たらず、セーヌ川に落ち所持品全てを失くして

大ピンチ!

さらに風変わりなホームレスのドムにつきまとわれて…。

マーサおばさんどこ~?!とヤンヤンする話。

 

【感想】★★★★★

普段、コメディはほとんど観ないのですが、ものは試しに。

これは面白かった。ふた昔前に流行ったミスタービーンと「運命じゃない人」と言う

映画を思い出しました。

フランス映画なので、フランス語で始まると思っていたら英語で始まってびっくり。

フィオナが英語しか話せないキャラ設定なので、英語のセリフのほうが多かった気が。

英語とフランス語の会話が聞いていて面白かった。

クスクス笑えるところがたくさんあって、ラストシーンの手前でついに「アハハ!」と

声を出して笑ってしまいましたとさ。

 

冒頭の図書館のシーンの色使いが綺麗でした。

f:id:fu2uki:20170617014724j:plain

パリの街並みも観られるし、ちょっとした観光気分も味わえます。

 

原題は「Paris Pieds Nus」(裸足のパリ)

(お連れ様が訳してくれました。私はNusの意味がわからず・・・。勉強不足です。)

裸足のパリでもいいような気がしますが、ロスト・イン・パリの方が内容が

よくわかっていいですね。

 

監督二人のトークショーが先にあって、話を聞いているうちに早く観たくなって

仕方なかった。

フィオナさんが緑のワンピースを着ていて、とても似合っていらっしゃった。

作品内でも緑の服を着ているので、フィオナさんは緑が好きなのかも。

 

明るい気分になれるので、デートムービーにいいかも。

チョイエロなところがあるので、そこは気を付けて。

 

予告

駄文

ジュテーム(愛してる)はよく聞くけど、ジュヴゼームは初めて聞いた。

Je t'aime.(ジュテーム)の t は te の省略された形で、親しい人に使う「あなた」。

普通、「愛してる」と言うのは親しい人にしか使わないので、Je vous aime.とは

言わないんですよね。でも、そう言う言い方もアリなんだ!と勉強になりました。