fu2uki’s blog

映画のあらすじや感想を備忘録をかねてつづっています

当時の首相は竹下さん 【映画感想】64(ロクヨン)

知人の評価が高かったので鑑賞。

 

f:id:fu2uki:20170608020035j:plain

 

【あらすじ】★★★★★★

昭和64年に少女誘拐事件が起こるが、その後すぐに、昭和天皇崩御されたため

昭和から平成に年号が変わるニュースに埋もれ、その誘拐事件がメディアに

取り上げられることは少なかった。

そのため目撃情報も多くは寄せられず、未解決のまま、時効まで残り1年となる。

当時は刑事だった主人公・三上義信は、現在は警務部の広報官として、

「64(ロクヨン)事件」に関わっていく。

彼の娘は家出をしていて、プライベートでも娘が家にいないという状況に心を

痛めていた。

そんな中、64事件の模倣犯が現れて、昭和に残された事件が動き出す。

 

【感想】

たまには邦画を観るのもいいものだな。

普段、日本のドラマはほとんど観ないので、新鮮でしたし、すべての俳優さんが

とても良い演技をしていました。

有名な俳優さんばかりで、脇役まで豪華なキャスト。

 

f:id:fu2uki:20170608022949j:plain

 

特に、永瀬正敏さんが演じる雨宮(誘拐された少女の父親役)が車の中で泣く

シーンがあるんですが、そのシーンが印象に残っています。

 

BGMがほとんどなかったのも、緊迫感があってよかった。

逆に、小田和正さんの声が綺麗すぎて不似合いだった。

小田さんの曲はどれも好きなのだけど、ちょっとこの映画には合ってないような

気がしたんですよね。

もっと重厚感のある曲が似合うんじゃないかな。

 

警察内部のシーンが多く、64事件そのものと言うよりは、実名報道をめぐる

記者クラブと広報部の対立とか警察内部の政治的な動きのシーンが多かったように

思います。

ところで瑛太さんと綾野剛さんって似てない?

最初、見分けつかなかった・・・。

 

警察の話なのでおじ様たちがたくさん出てきて、とても渋い画面が多数。

昔のドラマ「HOTEL」を思い出しました。

「姉さん、事件です」と「もぉしわけございません!」のドラマです。

 

ラストに近づくにつれて、一緒に観ていた家人がどんどん前のめりになっていたのが

面白かった。

気持ちはよくわかるけれど。

やっぱりミステリは犯人がわかるところと、逮捕されるところがテンション

マックスになります。

 

横山秀夫氏の小説が原作だと見た後で知り、納得。

そんな雰囲気が漂っています。

ラストが原作と違うようなので、そのうち原作も読みたいと思います。