読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2作続けて【映画感想】ザ・ボーイ ~人形少年の館~

f:id:fu2uki:20170321012435j:plain

ザ・ボーイ ~人形少年の館~

 

【あらすじ】★★★★☆

アメリカからイギリスにやってきたグレタは、大きな館に住む老夫婦にやとわれて、

彼らの子供の子守りをすることとなった。館を訪れたグレタは、彼らの息子である

ブラームスを紹介してもらうが、その子はどう見ても人形。からかわれているのか

と思い、笑ってしまうが、老夫婦は本気で人形を息子のように扱い、世話をしている。

二人は、グレタに10のルールを教え、旅行にでかけて行く。

ただの人形だと思い、グレタは適当にその人形を座らせておくが・・・。

 

【感想】

主演の女優さんは、ウォーキング・デッドのマギー役の方ですね。

(海外ドラマが好きな人にはおなじみの作品ですね。とても面白いので、私も

大好きです)

泥だらけで無造作な髪型でも綺麗な女優さんですが、綺麗にしていると

わかりやすく綺麗です。

途中でピンクのドレスが出てきたので、それを着たシーンが楽しみだったのですが、

ブラームスのせいで、彼女がそれを着ることはありません・・・。

おのれブラームス

 

グレタのパートナーとして登場するのが、館に日用品の配達をしているマルコム。

かっこよくて、ユニークなお兄さんです。

 

肝心のストーリーですが、最初からホラーな雰囲気がたっぷりで、大きな洋館が

いかにもヨーロッパな感じを出しています。

人形も、いつの間にかこっちを向いてたり、寝かせていたはずが起き上がっていたり

して嫌な気配を出し始めるのですが、特にその表情が生きているようで、

ぞっとしました。

 

目を離すと動いてるってとこが、日本のホラーみたいで良い演出だと思いました。

じわじわ怖いというか。

下手するとチャイルド・プレイのチャッキーみたいになっちゃうもんね。

 

彼がどうして動くのか、なぜ夫婦は旅に出たのか、結末はどうなるのかなど、あれこれ考えられて面白かったです。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、未鑑賞の方はご注意ください。

読むときは、反転させて読んでください。

 

彼が鏡の奥から、「ハーイ、ボク、ブラームス!」と言わんばかりに出てきたときは、

かなりびっくりして、目を丸くしてしまいました。

結末をあれこれと考えていたのですが、それは思いつかなかったなぁ。

一時は、マルコムが、昔遊びに来ていた少女を殺したんだと思っていましたが、

彼は、最後までただただかっこいい兄ちゃんでしたね。

 

はっきりと説明されるわけではないですが、大人になったブラームスの登場により、

8歳の誕生日に、彼が少女を殺してしまい、それを隠すために夫妻が火事を起こし、

死んだことにして、隠し部屋で育てていたことがわかります。

奥さんがルールを教えるときに、「大きな音で音楽をかけて」とか「朗読は、

はっきりと発音して」って言っていた意味も最後になってわかります。

冷蔵庫に入れた残り物は、彼が後で食べていたんでしょうね。

観ているときは、彼の登場にびっくりするあまり、そんな伏線の回収にも気づかなかったけれど、振り返ってみると、納得します。

 

最後まで悪霊とか幽霊などの心霊現象で怖がりたかった人には、不評なようです。

でも、私には、思いがけない展開がミステリーのようでとても面白かったです。

ジャケットをよく見るとネタバレしているんですよね。

右側の目のあたりは、大人になって仮面をかぶったブラームスくんです。

 

書いていて気づいたけど、ソムニアもこれも、子供を亡くした夫婦の話で

ちょっと変わったホラーでした。