読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えぇー?終わるの?大賞

戦争

f:id:fu2uki:20161221062317j:plain

 

友達からあらすじを聞いて、気になって観た作品。

聞いていたあらすじと違って、そこも「えええええ」ってなりました。

 

【あらすじ】★★★☆☆

ボスニア紛争中の戦地。

見張りの交代のために濃霧の中を進む兵士たち。

いつの間にか敵地に足を踏み入れてしまい、霧が晴れると同時に攻撃されてしまう。

目を覚ましたチキは、塹壕に身を隠す。

偵察にやってきた、敵兵で新兵のニノと老兵。

チキの仲間のツェラの死体を持ってきて、その身体の下に地雷を仕掛ける。

身体を動かすと爆発するタイプ。

見つかりそうになったチキは老兵を撃ち殺し、ニノにも怪我を負わせる。

チキとニノが一触即発の中、死んだと思われていたツェラが目を覚ますが・・・

 

【感想】

* 映画【リミット】のネタバレを含みます。

 

ところどころコメディみたい。

そこは面白かったんだけど、全体的には、すっごい皮肉な戦争映画。

国連、なんの役にもたってないやん。

ただ一生懸命な国連の人がいて、「殺戮に中立はない、傍観は加勢と同じだ」って

言うのが印象に残りました。

そして、その人の気持ちを考えるとやるせなくなります。

ラストも考えれば考えるほど落ちていくっていう・・・。

戦争批判するには最高のラストなんだろうけど、救われなさすぎる。

画面が暗くなっていくと同時に、タイトルのように思いました。

同じ言葉を話す人同士が敵同士って言うのもなんだか悲しい。

どうして話し合いで解決できないのだろう。

 

それから、【リミット】という映画を思い出しました。

救われないところが似てる。

 

新兵のニノもチキもいいやつなんですよ。

ニノなんて自己紹介して敵と握手しようとしてるし、チキはツェラを助けようと

一生懸命だし。

それをおかしくしちゃってるのが戦争で。

もう止めようよって思うばかり。

塹壕の周りの緑がやけに綺麗に思えました。

f:id:fu2uki:20161221062418j:plain

聞いていた話と違ったのもあって、星は3つですが、Yahoo映画の評価は4.17。

客観的に見れば、よくできている映画だと思います。

 

結論 やっぱり戦争映画はちょっと苦手。