読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2作続けて

★★★★ ホラー

f:id:fu2uki:20170321012435j:plain

ザ・ボーイ ~人形少年の館~

 

【あらすじ】★★★★☆

アメリカからイギリスにやってきたグレタは、大きな館に住む老夫婦にやとわれて、

彼らの子供の子守りをすることとなった。館を訪れたグレタは、彼らの息子である

ブラームスを紹介してもらうが、その子はどう見ても人形。からかわれているのか

と思い、笑ってしまうが、老夫婦は本気で人形を息子のように扱い、世話をしている。

二人は、グレタに10のルールを教え、旅行にでかけて行く。

ただの人形だと思い、グレタは適当にその人形を座らせておくが・・・。

 

【感想】

主演の女優さんは、ウォーキング・デッドのマギー役の方ですね。

(海外ドラマが好きな人にはおなじみの作品ですね。とても面白いので、私も

大好きです)

泥だらけで無造作な髪型でも綺麗な女優さんですが、綺麗にしていると

わかりやすく綺麗です。

途中でピンクのドレスが出てきたので、それを着たシーンが楽しみだったのですが、

ブラームスのせいで、彼女がそれを着ることはありません・・・。

おのれブラームス

 

グレタのパートナーとして登場するのが、館に日用品の配達をしているマルコム。

かっこよくて、ユニークなお兄さんです。

 

肝心のストーリーですが、最初からホラーな雰囲気がたっぷりで、大きな洋館が

いかにもヨーロッパな感じを出しています。

人形も、いつの間にかこっちを向いてたり、寝かせていたはずが起き上がっていたり

して嫌な気配を出し始めるのですが、特にその表情が生きているようで、

ぞっとしました。

 

目を離すと動いてるってとこが、日本のホラーみたいで良い演出だと思いました。

じわじわ怖いというか。

下手するとチャイルド・プレイのチャッキーみたいになっちゃうもんね。

 

彼がどうして動くのか、なぜ夫婦は旅に出たのか、結末はどうなるのかなど、あれこれ考えられて面白かったです。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、未鑑賞の方はご注意ください。

読むときは、反転させて読んでください。

 

彼が鏡の奥から、「ハーイ、ボク、ブラームス!」と言わんばかりに出てきたときは、

かなりびっくりして、目を丸くしてしまいました。

結末をあれこれと考えていたのですが、それは思いつかなかったなぁ。

一時は、マルコムが、昔遊びに来ていた少女を殺したんだと思っていましたが、

彼は、最後までただただかっこいい兄ちゃんでしたね。

 

はっきりと説明されるわけではないですが、大人になったブラームスの登場により、

8歳の誕生日に、彼が少女を殺してしまい、それを隠すために夫妻が火事を起こし、

死んだことにして、隠し部屋で育てていたことがわかります。

奥さんがルールを教えるときに、「大きな音で音楽をかけて」とか「朗読は、

はっきりと発音して」って言っていた意味も最後になってわかります。

冷蔵庫に入れた残り物は、彼が後で食べていたんでしょうね。

観ているときは、彼の登場にびっくりするあまり、そんな伏線の回収にも気づかなかったけれど、振り返ってみると、納得します。

 

最後まで悪霊とか幽霊などの心霊現象で怖がりたかった人には、不評なようです。

でも、私には、思いがけない展開がミステリーのようでとても面白かったです。

ジャケットをよく見るとネタバレしているんですよね。

右側の目のあたりは、大人になって仮面をかぶったブラームスくんです。

 

書いていて気づいたけど、ソムニアもこれも、子供を亡くした夫婦の話で

ちょっと変わったホラーでした。

怖がりさんでも大丈夫

★★★★ ホラー

f:id:fu2uki:20170223021314j:plain

ソムニア ー悪夢の少年ー

 

【あらすじ】★★★★☆

事故で子供を亡くしたジェシーとマークは、8歳の少年コーディを養子に迎える。

彼は、コーラやカフェインを飲んで夜になっても眠ろうとせず、蝶の図鑑を

眺めて過ごしていた。しかし、眠気に耐え切れずにコーディが眠りにつくと

リビングに大量の綺麗な蝶たちが出現。コーディがショーンの写真を見た晩は、

死んだはずのショーンが二人の目の前に現れる。コーディの夢は現実になるのだった。

それに気づいたジェシーは、ショーンに会いたいばかりにショーンを眠らせようとするが・・・。

 

【感想】

ホラーですが、そんなに怖くないので、ホラー初心者でも大丈夫。多分。

わっと脅かすシーンもあるけど、タイミングはわかりやすい。

何より、コーディがかわいい。

「ルーム」に出てた子らしいんだけど、眠そうな仕草も可愛らしい。

彼を目当てに「ルーム」を観たくなりました。

かわいくて、賢そうな感じなんですよね。

 

原題は「before I wake」(僕が起きる前に)なのですが、起きる前に解決してねって

ことなのかな?

いまいちピンとこない。

「I can't sleep」ならわかる。

そのまますぎるか。

 

ストーリーのほうは、途中、テンポが悪いなと感じるのですが、

謎解きもあって、面白かったです。

コーディを使ってショーンに会おうとする母親に対して厳しい意見が多いけれど、

そうしてしまう気持ちもわからなくはない。

もちろん、利用されてしまうコーディもかわいそうなのだけど。

でも、「大きくなるまで育てるんだ!」と、施設に連れていかれたコーディを

迎えにいくショーンは偉いですし、彼の悪夢の原因を調べたりと、母は強しです。

見終わった後、こんなゴージャスな家をジェシーだけで維持していけるの

だろうか・・・。と余計な心配をしてしまいました。

 

途中までファンタジーなので、ちょっとホラーにも挑戦してみようって

方にはちょうどいい作品です。

ガンガンガンガンガンガン来ます

★★★★★ アクション SF

f:id:fu2uki:20170223014858j:plain

バイオハザード ザ・ファイナル

今年一作目。

お正月に観に行ってきました。

 

【あらすじ】★★★★★

アリスVSアンブレラ社 最終決戦。

 

【感想】

いやー、面白かった。

映画館に観に行ってよかった。

 

もう最初から、ガンガン来るの。

始まって1分くらいから(個人的な体感で効果には個人差があります)ガンガン来る。

ちょっと休ませてよってくらい。

最初のほうに竜みたいなクリーチャーが出てくるんだけど、それが一番

かっこよかった。

その後もガンガンガンガン来る。

 

ミラ・ジョヴォヴィッチは相変わらずキレイだし、相変わらず強い。

目が大きくなった気がして若返ったような感じでした。

前作のラストはどんな感じだっけ?よく覚えてないけど、大丈夫かなって

心配していましたが、その必要は全くありませんでした。

1作目だけ見ておけばオッケー、テヘペロです。

 

ローラも出てきました。

意外と荒廃した世界が似合っていました。

もうちょっと長く出てほしかったかな。

 

とにかく、お正月映画としては最高でした。

美しくて切ない

戦争 ★★★★

f:id:fu2uki:20161221232003j:plain

ヒトラーの忘れ物

スペシャルシート(試写会)で観てきました。

当選者だけしか入れない、つまり同伴者を連れて行けないめずらしい試写会でした。

試写会に一人で行くのは初めて。

ネズミ講とか始まったらどうしようなんて考えました(←小心者)が、杞憂でした。

会場も50人ほどしか入れない小さな試写室。

よく当たったなぁ。

 

【あらすじ】★★★★☆

第二次世界大戦が終わった直後、デンマークの海岸に埋められた地雷を撤去するためにドイツ人の少年兵たちが動員される。

少年たちを指揮する軍曹は、彼らと過ごすうちに、自分のしていることに

疑問を感じ、揺らぎ始める・・・。

 

【感想】

美しい海辺に無数の地雷。
撤去を命じられる少年たち。
彼らに対する軍曹の表情がだんだん柔らかくなっていくのが印象的。

軍曹が笑うシーンが良かった。

 

そして、束の間の休日。

みんなでサッカー。

ここだけ見れば素敵なシーン。

景色もみんなの笑顔も綺麗なのに、そのあとに待ち受けるものは残酷。


序盤から、地雷がタイミングを外して爆発するのでびっくりした。
観てる人たちの多くがビクッてなってたと思う。

タイミングをつかんだときにはもう終盤。

この監督、ホラー映画撮ったらすごくうまく作りそう。

ぜひ撮ってほしい。

 

余談ですが、少年兵の中に、岡田准一くんに似てる子がいて、

彼は、外人顔なんだと気づきました。

全体的に、いろいろな意味で切ない感じだった。

最後はサラッと終わった。

でも、いい終わり方だった。

最近、こういう終わり方の映画が多いように思う。

 

タイトルは、不評みたいだけど、そんなに悪くないんじゃないかと思う。

原題は、Land of Mine/Under Sandet

戦争映画は苦手だけど、この映画のおかげでちょっと見方が変わりました。

えぇー?終わるの?大賞

戦争

f:id:fu2uki:20161221062317j:plain

 

友達からあらすじを聞いて、気になって観た作品。

聞いていたあらすじと違って、そこも「えええええ」ってなりました。

 

【あらすじ】★★★☆☆

ボスニア紛争中の戦地。

見張りの交代のために濃霧の中を進む兵士たち。

いつの間にか敵地に足を踏み入れてしまい、霧が晴れると同時に攻撃されてしまう。

目を覚ましたチキは、塹壕に身を隠す。

偵察にやってきた、敵兵で新兵のニノと老兵。

チキの仲間のツェラの死体を持ってきて、その身体の下に地雷を仕掛ける。

身体を動かすと爆発するタイプ。

見つかりそうになったチキは老兵を撃ち殺し、ニノにも怪我を負わせる。

チキとニノが一触即発の中、死んだと思われていたツェラが目を覚ますが・・・

 

【感想】

* 映画【リミット】のネタバレを含みます。

 

ところどころコメディみたい。

そこは面白かったんだけど、全体的には、すっごい皮肉な戦争映画。

国連、なんの役にもたってないやん。

ただ一生懸命な国連の人がいて、「殺戮に中立はない、傍観は加勢と同じだ」って

言うのが印象に残りました。

そして、その人の気持ちを考えるとやるせなくなります。

ラストも考えれば考えるほど落ちていくっていう・・・。

戦争批判するには最高のラストなんだろうけど、救われなさすぎる。

画面が暗くなっていくと同時に、タイトルのように思いました。

同じ言葉を話す人同士が敵同士って言うのもなんだか悲しい。

どうして話し合いで解決できないのだろう。

 

それから、【リミット】という映画を思い出しました。

救われないところが似てる。

 

新兵のニノもチキもいいやつなんですよ。

ニノなんて自己紹介して敵と握手しようとしてるし、チキはツェラを助けようと

一生懸命だし。

それをおかしくしちゃってるのが戦争で。

もう止めようよって思うばかり。

塹壕の周りの緑がやけに綺麗に思えました。

f:id:fu2uki:20161221062418j:plain

聞いていた話と違ったのもあって、星は3つですが、Yahoo映画の評価は4.17。

客観的に見れば、よくできている映画だと思います。

 

結論 やっぱり戦争映画はちょっと苦手。

UFOとその中身のギャップ

SF POV モキュメンタリー

f:id:fu2uki:20161122183858j:plain

POVモキュメンタリー、フェニックスインシデント。

 実際にあった出来事をベースにした映画です。

 ネタバレ気味です。

 

【あらすじ】★★☆☆☆

アリゾナの山に来た4人のハイカーが姿を消した。

 時を同じくして空に怪光が現れ、街は騒然となっていた。

 4人を殺害した犯人として一人の男が逮捕されたが、ただの目撃者として釈放される。

 その裏には、軍やFBIの介入があり、陰謀がうずまいている気配が・・・。

 

【感想】

4人が旅に出るまでをもう少しカットしてくれてもいいなーって思いながら

 序盤を観ていました。

 盛り上がってきてからは、そこそこ面白かった。

 彼ら自身が撮っている映像と、監視カメラの映像が上手く組み合わせてあって、

 痒い所に手が届く感じでよかったです。

 米軍関係者や、事件現場の市長(たぶん)4人の家族のインタビューが織り交ぜて

 あって、本物のドキュメンタリーっぽく仕上がってます。

 ただ、すごく文明が高い人たちが作ったUFOっぽいのに、

 出てきたエイリアンは・・・。

 獣のように四つ足だし、うなっちゃうし、人間をさらうというよりは、

 食べてる気がします。

 これは、エイリアンそのものではなくて、彼らのペットか攻撃用の動物だって

 設定なら納得です。

 でも、そんな描写はないです。

 

エンドロールまで観てくださいなって映画です。

 後味はあんまりよくないけど。

 なんだかんだと難癖つけましたが、ワーワーとサバイバルしているところは

 スリリングで面白く、楽しめました。

 個人的に、容疑者として捕まったおっさんが一番謎でした。

 これでザ・インシデント、ディアトロフ・インシデント、フェニックス・インシデント

 と、3つのインシデント映画を観ました。

 

ザ・インシデントが一番好きというか、印象が強いです。

 後ろふたつは、どっちも陰謀がキーワード。

あなたは何の動物になりますか・・・ 

ラブストーリー

f:id:fu2uki:20161109033851j:plain

f:id:fu2uki:20161109033858j:plain

ロブスター

 

DVDで見ました。

独身でいることは罪で、ホテルでパートナーを見つけられなければ

動物にされてしまう世界が、面白いと思って観てみました。

 

【あらすじ】★★★★☆

独り身になってしまったデヴィッドは、パートナーを見つけるためのホテルに

送られる。45日の間にパートナーを見つけなければ動物にされてしまう。

婚活 in テラスハウスのような生活。

しかし、そこは静かな狂気に満ちていた。

耐え切れずに逃げ出したデヴィッドは、独身者たちが潜む森へ向かう。

しかし、そこでデヴィッドは恋に落ちてしまう。

独身者たちの間では恋愛は禁じられている。

デヴィッドの選択は・・・?

 

【感想】

TSUTAYAのジャンルではラブストーリーになっていましたが、

途中少し怖くなりました。

観る人によって、コメディだし、ホラーだし、ラブストーリーだと思う。

役者さんは、みんな大真面目に演じているから、おかしいといえばおかしい。

全体を通してみたら、ラブストーリーだったと思う。

 

前半はデヴィッドも真面目にパートナーを探すんだけど、後半は、わりと

バイバルしてる。

ホテルにいる人たちに狩られる恐れもあるし、なんせ、リア充爆発しろって

いう世界だから。

両極端な世界で、まるでそれは、現実の私たちの世界のよう。

ホモセクシャルもアリみたいだから、別に少子化対策ってわけでもなさそう。

 

主役のコリン・ファレルは「フォーン・ブース」で、電話ボックスの中でアワアワしていた人だけど、全然わからなかった。

歳とって太ったからか、メガネのせいか。

ホテルで女性たちが着ていたワンピースが素敵だった。

 

ラストは、(もしかして終わる?いや、終わらないよね。)って思ったら終わった。

間があまりにも長いから、なんとなく終わるのかなって思った。

最後、デヴィッドはどうしたんだろう。

結局、できなくて、彼女をだましそうっていうのが、この映画っぽい。

 

最初のブログが、だいぶクセのある映画レヴューになってしまったが、これも

私っぽいかな。