読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極上ワンシチュエーション・スリラー 【映画感想】 不吉な招待状/The Invitation

ネットフリックスで観た作品。

最近、めでたくDVD化されたようなので、記念にブログを書こうと思いました。

DVD化もされるよ、だってよくできてるもん。

ネットフリックスでは、「不吉な招待状」となっていましたが、DVDでは

「The Invitation」と原題のままです。

どちらもシンプルなタイトルでいいと個人的には思いますが、なるべく情報を

入れないほうが楽しめる映画なので、その点では「The Invitation」の方がいいのかも

しれません。

見始めたらその不穏な空気はすぐに感じられるのですが。

 

f:id:fu2uki:20170524045606j:plain

 

【あらすじ】★★★★☆

別れた妻エデンと彼女の現在の恋人デヴィッドに、ホームパーティーに招かれる主人公のウィル。

突然の招待状にとまどいながらも、以前暮らしていた豪邸に現在の恋人と

一緒に訪れる。

エデンとウィルの間にはつらい過去があったが、人が変わったように明るいエデンに

迎えられる。そのうち、デヴィッドとエデンの友人たちも集まり始め、ぎこちない

雰囲気の中でも、パーティーを楽しもうとするウィル。

しかしながら、彼はその不穏な空気に少しずつ何かを感じ始める。

 

【感想】

ちょっと辛めの判定で★4つにしました。実際は、4.5です。

2回目のほうが楽しめる映画だと思います。

テンポよく進む話ではないので、ちょっと退屈してしまうかもしれませんが、

細かいところもよく観ておくといいと思います。

 

これは、もう何も知らないまま見て~!と言った映画なので、感想もあまり

書けません・・・。

このブログを書くにあたりちょっとググってみると、「アイ・アム・ア・ヒーロー」が

観客賞&特殊効果賞をダブル受賞したシッチェス・カタロニア国際映画祭でグランプリ

を獲った作品だという情報がありました。そりゃ面白いよね。

監督が女性監督だということも初めて知りました。

「お金をかけなくても、面白い映画は作れる」と言う見本のような映画です。

(「タイムクライムス」の感想でも書きましたが、「アリスクリードの失踪」も

そんな作品です。)

 

ー0.5の理由は、ワンシチュエーション・スリラー代名詞「SAW」は

超えないかな・・・と思うところ。

まったく違う切り口の作品なので、比べるものではないのかもしれませんが、

あのラストには、本当に目と口があんぐり開いて、戻らないんじゃないかと思った

んですよね~。

 

この映画は、だんだんと真相に近づいていく感じがなんともたまりません。

なので、どんでん返しとはちょっと違うと思います。

オチがわかる人にはわかっちゃうもの。

 

客観的に見ている側としては、じれったいくらいの話の流れですが、ちょっとした刺激

で爆発しそうな雰囲気が漂う感じが素晴らしいですね。

俳優さんたちが、あまり有名でないところも変な先入観を持たれないので

いいと思います。

 

アメリカの映画を見ていると、元夫と今の夫とか恋人が仲良くホームパーティーを

したりするシーンがわりと良く出てきますが、実際の心中はやっぱり複雑なの

かなって、話とは全然別なことを考えました。

時間が経っていれば仲良くなれそうですが、2年くらいの時間だとちょっと難しそう。

あちらの方々は、そういったことは、割り切れる性格と文化なのかしら。

 

ラストがとても印象的な映画で、(【衝撃のラスト】は蛇足だとは思いますが・・・)

ジャケットも素敵だと思います。

ただ、後味はワインのように良くないので気を付けて。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、未鑑賞の方はご注意ください。

読むときは、反転させて読んでください。

 

ラストの赤いランプの数とヘリコプターの音。

あれは、忘れられないものになっています。

鑑賞したのはけっこう前なんですが、雰囲気とかラストシーンはしっかり印象に

残っています。

冒頭のコヨーテをはねてしまうシーンも、振り返ってみると恐ろしく、

よくできた伏線だと思います。

チョイは、もう殺されてると思っていました。すっかりだまされました。

予想を裏切るいい脚本だと思います。

私の中のイメージは、綾辻行人氏の「暗黒館」に近いです。

あそこまでおどろおどろしくないですが。

そのため毒入りのワインは、もう少し赤黒いほうがよかったなって思います。

 

主人公自身の不安定さとエデンとデイヴィッドのアンバランスな関係が

ひしひしと伝わってきました。

 

しかし、向こうの豪邸は本当に豪邸と言った感じでちょっとうらやましい。

でも、掃除のことを考えると、ウサギ小屋でいいやってなります。

もちろん、彼女たちはハウスクリーニングに頼んでるんでしょうね。

久しぶりディズニー 【映画感想】美女と野獣

f:id:fu2uki:20170502074120j:plain

 

映画の日だし、映画に行こう」と友達を誘ったら、提案されたこの作品。

自分では選ばない作品でしたが、もーーう、むちゃくちゃ良かった!

ありがとう、友達!

 

【あらすじ】★★★★★★

他者をいたわる心をなくしてしまった王子が、ある日、魔女の呪いによって

恐ろしい獣の姿に変えられてしまう。

彼に仕えていた、お城の人たちもカップや燭台に・・・。

魔女が残したバラの花びらがすべて落ちる前に、獣となった王子を

愛し愛される者が現れなければ、永遠に呪いはとけない。

そんな呪いをかけられた城に現れた、ベルの父親

森の中でオオカミに襲われ、獣の城を訪れたが、しゃべるカップに

度肝を抜かれて逃げ出そうとする。

その途中にベルとの約束だからと、庭にあるバラを切ってしまう。

それに怒った野獣に囚われ、城の牢獄に。

父を助けようと城を訪れるベル。

彼女は変わり者だが、村で一番美しかった。

呪いをかけられた城であきらめかけていた住人たちは、

彼女に奇跡を望むが・・・

 

【感想】

オープニングから素晴らしいです。

歌や踊りが入るタイミングが完璧で、ミュージカルの不自然さがなく、

すんなり入れました。

最初は、ディズニーらしさが満載だなぁ・・・

くらいの感じで観ていたのですが、その後の展開に

グイグイ引き込まれました。

美女と野獣の話をほとんど知らなかったのもよかったですね。

(もう女子って年齢ではないので当たり前ですが、女子力低いのです。

映画を好きになったきっかけもダイ・ハード3だし、ちゃんと

女子だったころに観ていた映画もSFやアクションが多かったような気が

するので、女子素質がないのだと思われます)

 

光の使い方も素敵で、父親とベルのシーンは、レンブラントの絵のようでした。

綺麗な映像にうっとりしたり、字幕を読んだり声を聴いたり、頭の中がちょっと

忙しくなるくらい。

でも、エマの歌声を聞けるので字幕のほうがオススメです。

フランスが舞台のようで、ボンジュールやシルブプレなど、フランス語がたまに

飛び出してくるので、それを聞くのも楽しかったです。

 

野獣のビジュアルもすごいです。

ちゃんと野獣なのに、表情はよくわかる。

ガストンと言う、ベルに想いをよせる悪役が出てくるのですが、

わかりやすく悪役でこれも、素晴らしかったです。

そこまでゲスいことをしてくれると、憎しみやすくていい。

 

普段、ミステリをよく観たり読んだりしているので、無駄に

「ル・フウは、実は人間じゃないのでは・・・?」

なんて疑ったりしていました。

鏡に映らないんじゃないか と思ったんですよね。

完全にお門違いで、思いっきり映っていました。

 

そして、特筆しないといけないのが、エマ・ワトソンの超美麗なドレス姿と

かわいい笑顔と歌声です。

これだけで、2000円以上の価値がありますね。

赤ずきんもかわいいし、田舎娘の恰好も似合っていました。

野獣とのダンスシーンは必見です。

彼女は写真より、動いているほうが何倍もかわいいです。

 

音響の良い映画館で観たのも、正解でした。

音が身体にズンズン響いて、臨場感たっぷりでした。

ルミエール(燭台)をはじめとする、食器やタンスや時計の動きも細かくて、

CGって本当にすごいと感心するばかり。

 

野獣の切ない想いやベルと父親がお互いを想いあう姿に、

目から液体が流れるのを止められませんでした。

泣くつもりがない映画に限って、ボロボロになるんですよね。

 

幕が下りた瞬間、拍手しそうになる自分がいました。

ウォルト・ディズニーを天国から引きずり降ろして、グラッツェーー!!!と

言いながら握手したかったです。

今すぐ映画館に走って~!ってくらい良い映画でした。

 


『美女と野獣』日本版予告編

 

駄文

元のタイトルがBeauty & the Beast なのは、とても英語らしいですね。

英語は、as busy as a bee (ハチのように忙しい)のように頭で韻を踏むらしく、有名な例で言うと intel inside (インテルはいってる)です。

日本語は、「インテルはいってる」 のように後ろで韻を踏むのが好まれますので、

「美女と獣」ではなく、「美女と野獣」なのでしょう。

「じょ」と「じゅう」では、韻を踏んでるとはいいきれないので、深読みしすぎかな?

 

この先は、ネタバレになってしまうので、未鑑賞の方はご注意ください。

読むときは、反転させて読んでください。

真冬の景色の中、ベルがドレス姿で駆け出していくシーンがあるのですが、

「それじゃ、寒いでしょ!」と心の中でつっこんでしまいました。

ベルが本が好きなのも感情移入しやすかったな。

すごい数の蔵書を前にして、「君にあげるよ」なんて言われたら、私も

クラクラしちゃいそう。

王子が傲慢な性格になったのにも理由がちゃんとあったのがよかった。

クリミナルマインドを観ていても感じることなのですが、本当に根っからの悪人って

そんなにたくさんいないんじゃないかと思います。

後ろから狙い撃ちするガストンは、本当にクズでしたが(笑)

 

感動ホラー 【映画感想】エルサレム

f:id:fu2uki:20170421145118j:plain

 

【あらすじ】★★★★★

“地獄の入口は海、砂漠、エルサレムにある”

エルサレムでの悪魔祓いの様子が映し出される。

そして、それから十数年ほど経ったある日。

ケビンに誘われ、エルサレムに来たお嬢様二人組。サラとレイチェル。

最初は、素敵な男性とも出会い、海外旅行をそれなりに楽しんでいた二人だが・・・。

 

【感想】

こんなにハラドキ(ハラハラドキドキ)するとは思いませんでした。

今、観ておくべき一本。

最初から、雰囲気があっていいですね。

エルサレムに行ってみたくなりました。

自分がどうなっちゃうのかドキドキです。

そして、感動。

もう少しで、目から液体が出ちゃうところでした。

先も読めないし、もう最高。

ラストシーンも面白かったな。

ドローンのおかげで、これから様々なシーンが観られると思うと嬉しいです。

「現金は腐るほどある」なんてセリフ、一度でいいから言ってみたいですね。

まぁ、そんなにお金があるとしがらみもたくさんついてきそうですが。

やっと 【映画感想】タイムクライムス

f:id:fu2uki:20170419145703j:plain

タイムクライムス

 

この作品の存在を知ってから、見たくて見たくてたまらなかった作品。

TSUTAYAになかったので、あきらめてたらGEOの宅配サービスで発見しました。

 

【あらすじ】★★★★★

エクトルは、森の近くの一軒家に妻と一緒に引っ越してきた。

引っ越しの最中に、双眼鏡で森をのぞくと、女性が服を脱いでいる。

気になったエクトルは、森の中に入っていくが・・・。

 

【感想】

スケベ心を出しちゃだめよ。ってことですね。

観ている間、自分の頭の中のビデオテープが巻き戻っている音がしました。

ひとことで言うと、面白かったです。

先が全然読めないし、脚本はうまくできてるし。

タイムトラベルの話として、すごく上質。

ただ、最初にエクトルがあの中に入ったきっかけがなんだったのかが、引っ掛かる。

それでも、低予算でも、登場人物が少なくても、十分に面白い映画がつくれるって言う見本ですね。

(「アリスクリードの失踪」でも、そう思いました。これは、タイトルが素晴らしい)

 

主人公のエクトルは、頭がいいのか悪いのか・・・。

ただ、行動力はあります。

奥さんへの愛情を感じられるシーンでは、滑稽ですが、なんだか微笑ましいです。

その結果、大変なことになっていくんですよね。

ちなみに、予告を観ないほうが楽しめると思います。

雨降って地固まる 【映画感想】パッセンジャー

f:id:fu2uki:20170412044731j:plain

パッセンジャー

 

SF大作なので、映画館で観てきました。

 

【あらすじ】★★★★☆

5000人を乗せた、移住用宇宙船アヴァロン号。

乗客は、冬眠装置の中で120年を過ごし、移住先の星に着く少し前に目覚める予定だったが、装置の故障により、一人の男 ジムが目覚めてしまう。

このままでは、宇宙船の中で年老いて死んでしまうため、どうにか冬眠しなおそうと

したり、助けを求めたりとヤンヤンするが、どれもうまくいかず・・・。

宇宙船のクルーもみんな冬眠状態だし、ジムは一般の乗客のため、入れるエリアは限られてるし、一体どうしたらいいのー!

 

【感想】

意外とハラドキ(ハラハラドキドキ)できました。アヴァロン号の造形も素敵だったし、それが宇宙空間を進んで行くシーンは、ちょっと感動しました。

やっぱりSFは映画館で観るのが一番ですね。

展開は予想通りなのですが、細かいところが、私の認識と違っていて、(詳しくは、ネタバレの感想で)逆にそれが良いアクセントとなっていました。

SFラブストーリー??って思っていましたが、確かにラブストーリー要素もたっぷりで、上手く融合していました。

バーのシーンでは「シャイニング」を、後半では、「アルマゲドン」を思い出しました。

ちなみに、「パッセンジャーズ」と言う映画もありますが、これはアン・ハサウェイ主演のまったく別の映画です。こっちもなかなか面白かったと思う。

 

主人公のクリス・プラットは、「ジュラシック・ワールド」の主演をされていた俳優さんで、ヒロインのジェニファー・ローレンスは、「ハンガーゲーム」の主演の女優さんなのですが、観ている間は、全然気づかないでいました・・・。

ジュラシック・ワールドもハンガーゲームもちゃんと観ていたはずなのに。

特に、ジェニファー・ローレンスは、イメージが全然違いました。少女からすっかり大人の女性になったってことなのでしょう。

この映画の中では、ナチュラルメイクのシーンも、ばっちりメイクのシーンもあったのですが、私はナチュラルメイクのジェニファーのほうが好きです。

 

ナチュラル           フルメイク

f:id:fu2uki:20170417160640p:plain f:id:fu2uki:20170417161242j:plain

 

宇宙船の中だけで話が進むので、登場人物が少ないのですが、二人の演技は素晴らしかったです。特に、ジムは一人のシーンが多かったので、よりそう思いました、

眉毛の動かし方が、さすがだなって思ったシーンがあります。あちらの俳優さんは、日本人より、3割増しで眉毛動きますよね。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、未鑑賞の方はご注意ください。

読むときは、反転させて読んでください。

 

オーロラが起きてしまうのも、事故だと思っていたのですが、ジムが起こしたんですね。でも、これから死ぬまで孤独と戦い続けなければいけない状況ってかなりきつい。私が彼の立場でも起こしてしまうと思う。

バーテンから、ジムがオーロラを起こしたことがそのうちばれるんだろうなって、

思っていたら、その通りでした。

 

それに、看板長のガスが起きてきたのにもびっくりしました。まさか三人目が目覚めるとは思いませんでした。完全に、その後のストーリーを動かすために出てきた感じですよね。

5000人もの乗客がいるのに、医療装置がひとつしかなかったり、ジムが技術者だったり、隕石で破損してしまう宇宙船が、太陽のような恒星のすぐ近くを通ったりしても大丈夫だったり、いろいろと都合がいいなぁと思いました。

 

でも、宇宙船が自らの故障を察知して、直してほしくて、技術者のジムを選び、わざと起こした・・・と考えるとちょっと面白いかと思ったのですが、ちょっと無理があるかな。

ジムのしたことがオーロラにばれてから、二人の関係は絶望的な感じでしたが、協力して宇宙船を直すことで、関係も修復できましたね。

 

お後がよろしいようで(?)

2作続けて【映画感想】ザ・ボーイ ~人形少年の館~

f:id:fu2uki:20170321012435j:plain

ザ・ボーイ ~人形少年の館~

 

【あらすじ】★★★★☆

アメリカからイギリスにやってきたグレタは、大きな館に住む老夫婦にやとわれて、

彼らの子供の子守りをすることとなった。館を訪れたグレタは、彼らの息子である

ブラームスを紹介してもらうが、その子はどう見ても人形。からかわれているのか

と思い、笑ってしまうが、老夫婦は本気で人形を息子のように扱い、世話をしている。

二人は、グレタに10のルールを教え、旅行にでかけて行く。

ただの人形だと思い、グレタは適当にその人形を座らせておくが・・・。

 

【感想】

主演の女優さんは、ウォーキング・デッドのマギー役の方ですね。

(海外ドラマが好きな人にはおなじみの作品ですね。とても面白いので、私も

大好きです)

泥だらけで無造作な髪型でも綺麗な女優さんですが、綺麗にしていると

わかりやすく綺麗です。

途中でピンクのドレスが出てきたので、それを着たシーンが楽しみだったのですが、

ブラームスのせいで、彼女がそれを着ることはありません・・・。

おのれブラームス

 

グレタのパートナーとして登場するのが、館に日用品の配達をしているマルコム。

かっこよくて、ユニークなお兄さんです。

 

肝心のストーリーですが、最初からホラーな雰囲気がたっぷりで、大きな洋館が

いかにもヨーロッパな感じを出しています。

人形も、いつの間にかこっちを向いてたり、寝かせていたはずが起き上がっていたり

して嫌な気配を出し始めるのですが、特にその表情が生きているようで、

ぞっとしました。

 

目を離すと動いてるってとこが、日本のホラーみたいで良い演出だと思いました。

じわじわ怖いというか。

下手するとチャイルド・プレイのチャッキーみたいになっちゃうもんね。

 

彼がどうして動くのか、なぜ夫婦は旅に出たのか、結末はどうなるのかなど、あれこれ考えられて面白かったです。

 

この先は、ネタバレになってしまうので、未鑑賞の方はご注意ください。

読むときは、反転させて読んでください。

 

彼が鏡の奥から、「ハーイ、ボク、ブラームス!」と言わんばかりに出てきたときは、

かなりびっくりして、目を丸くしてしまいました。

結末をあれこれと考えていたのですが、それは思いつかなかったなぁ。

一時は、マルコムが、昔遊びに来ていた少女を殺したんだと思っていましたが、

彼は、最後までただただかっこいい兄ちゃんでしたね。

 

はっきりと説明されるわけではないですが、大人になったブラームスの登場により、

8歳の誕生日に、彼が少女を殺してしまい、それを隠すために夫妻が火事を起こし、

死んだことにして、隠し部屋で育てていたことがわかります。

奥さんがルールを教えるときに、「大きな音で音楽をかけて」とか「朗読は、

はっきりと発音して」って言っていた意味も最後になってわかります。

冷蔵庫に入れた残り物は、彼が後で食べていたんでしょうね。

観ているときは、彼の登場にびっくりするあまり、そんな伏線の回収にも気づかなかったけれど、振り返ってみると、納得します。

 

最後まで悪霊とか幽霊などの心霊現象で怖がりたかった人には、不評なようです。

でも、私には、思いがけない展開がミステリーのようでとても面白かったです。

ジャケットをよく見るとネタバレしているんですよね。

右側の目のあたりは、大人になって仮面をかぶったブラームスくんです。

 

書いていて気づいたけど、ソムニアもこれも、子供を亡くした夫婦の話で

ちょっと変わったホラーでした。

怖がりさんでも大丈夫 【映画感想】ソムニア ~悪夢の少年~

f:id:fu2uki:20170223021314j:plain

ソムニア ー悪夢の少年ー

 

【あらすじ】★★★★☆

事故で子供を亡くしたジェシーとマークは、8歳の少年コーディを養子に迎える。

彼は、コーラやカフェインを飲んで夜になっても眠ろうとせず、蝶の図鑑を

眺めて過ごしていた。しかし、眠気に耐え切れずにコーディが眠りにつくと

リビングに大量の綺麗な蝶たちが出現。コーディがショーンの写真を見た晩は、

死んだはずのショーンが二人の目の前に現れる。コーディの夢は現実になるのだった。

それに気づいたジェシーは、ショーンに会いたいばかりにショーンを眠らせようとするが・・・。

 

【感想】

ホラーですが、そんなに怖くないので、ホラー初心者でも大丈夫。多分。

わっと脅かすシーンもあるけど、タイミングはわかりやすい。

何より、コーディがかわいい。

「ルーム」に出てた子らしいんだけど、眠そうな仕草も可愛らしい。

彼を目当てに「ルーム」を観たくなりました。

かわいくて、賢そうな感じなんですよね。

 

原題は「before I wake」(僕が起きる前に)なのですが、起きる前に解決してねって

ことなのかな?

いまいちピンとこない。

「I can't sleep」ならわかる。

そのまますぎるか。

 

トーリーのほうは、途中、テンポが悪いなと感じるのですが、

謎解きもあって、面白かったです。

コーディを使ってショーンに会おうとする母親に対して厳しい意見が多いけれど、

そうしてしまう気持ちもわからなくはない。

もちろん、利用されてしまうコーディもかわいそうなのだけど。

でも、「大きくなるまで育てるんだ!」と、施設に連れていかれたコーディを

迎えにいくショーンは偉いですし、彼の悪夢の原因を調べたりと、母は強しです。

見終わった後、こんなゴージャスな家をジェシーだけで維持していけるの

だろうか・・・。と余計な心配をしてしまいました。

 

途中までファンタジーなので、ちょっとホラーにも挑戦してみようって

方にはちょうどいい作品です。